ニュース

電子ジンバルを搭載した小型軽量ミラーレス「FUJIFILM X-T200」レンズキットの発売日決定

富士フイルムのミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T200」レンズキットが、2020年3月25日 (水) 発売に決定した。価格はオープンで、フジフイルムモール直販価格は103,950円 (税込)。カラーはシルバー、ダークシルバー、シャンパンゴールドの3色をラインナップする。

FUJIFILM X-T200
▲FUJIFILM X-T200 レンズキット シルバー

 

X-T200は、小型軽量ボディに高精度AFを搭載。静止画はもちろん、富士フイルムのデジタルカメラで初となる電子ジンバルモードにより、手軽に4K動画撮影が楽しめる。ボディ単体では販売せず、レンズキットとダブルズームレンズキットのみの販売となる。

標準ズームレンズ「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」が付属するレンズキット、「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」と望遠ズームレンズ「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II」が付属するダブルズームレンズキットとも当初は2020年2月27日発売の予定だったが、生産遅延によりレンズキットのみ発売が延期されていた。

製品の詳細はこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/325878/