ニュース

1億画素対応の超高解像、手ブレ補正5段のGFX用標準ズームレンズ「GF45-100mmF4 R LM OIS WR」

富士フイルムは、中判ミラーレスカメラGFXシリーズ用の交換レンズ「フジノンレンズ GF45-100mmF4 R LM OIS WR」を2020年2月27日に発売する。希望小売価格は305,000円 (税別)。

GF45-100mmF4 R LM OIS WR

■圧倒的な描写力をズーム全域で発揮

「GF45-100mmF4 R LM OIS WR」は、開放値F4の明るさで、35mm判換算36〜79mm相当の焦点距離をカバーする標準ズームレンズ。「FUJINONレンズ」で培った優れた光学設計技術やサブミクロン単位の精度でレンズ面を加工する生産技術などにより、超高解像性能と豊かな階調再現性能を実現する最高級のレンズとなっている。

レンズ構成は、非球面レンズ3枚とスーパーEDレンズ1枚、EDレンズ1枚を含む12群16枚構成で、各種収差を徹底的に抑制することで、単焦点レンズに匹敵する超高解像性能と高いコントラストを実現する。

■強力な手ブレ補正機能や防塵・防滴・耐低温構造を採用

5.0段分の強力な手ブレ補正機能を搭載し、手持ち撮影でもGFXシリーズの高い解像力を引き出すことが可能。さらに、リニアモーターでフォーカスレンズを駆動させるインナーフォーカス方式を採用することで、高速・静音・高精度なAFを実現する。鏡筒の11か所にシーリングを施し、防塵・防滴と−10℃の耐低温構造となっており、小雨やホコリが舞うようなアウトドアの環境下でも安心して撮影することができる。

 

GFX100+GF45-100mmF4 R LM OIS WR
GFX100 装着例

 

GFX50R+GF45-100mmF4 R LM OIS WR
GFX 50R 装着例

 

フジノンレンズ GF45-100mmF4 R LM OIS WR 主な仕様

マウント 富士フイルムGFマウント
焦点距離 45〜100mm (35mm判換算 36〜79mm相当)
開放絞り F4
最小絞り F32
レンズ構成 12群16枚 (非球面レンズ3枚、EDレンズ1枚、スーパーEDレンズ1枚)
画角 62.6°〜30.6°
絞り羽根枚数 9枚 (円形絞り)
最短撮影距離 0.65m (W端) / 0.82m (T端)
最大撮影倍率 0.13倍 (T端)
フィルター径 φ82mm
サイズ (最大径×長さ) φ93×144.5mm (W端) / 174.5mm (T端)
質量 約1005g
付属品 レンズキャップFLCP-82、レンズリアキャップRLCP-002、レンズフード、レンズポーチ

 

 

〈文〉柴田 誠