ニュース

ソニーのカメラをワイヤレス操作、三脚にもなるシューティンググリップ「GP-VPT2BT」

ソニーは、ソニー製カメラ用のワイヤレスリモートコマンダー機能付きシューティンググリップ「GP-VPT2BT」を2020年1月31日 (金) に発売する。希望小売価格は12,560円 (税別)。

シューティンググリップGP-VPT2BT

 

「GP-VPT2BT」は、カメラに触れることなく撮影やズームなどができるシューティンググリップ。ミラーレスカメラ αシリーズや、Cyber-shot RX100 VIIRX0 IIなどのコンパクトなカメラに対応し、Bluetooth接続によりワイヤレスで操作することができる。

シューティンググリップGP-VPT2BT

 

グリップを握ったまま、親指1本での直感的な操作で、静止画・動画の撮影やズームなどのカメラ操作が可能。また、カメラ本体のC1ボタンに設定した機能をグリップのC1ボタンで呼び出すこともできる。

防塵・防滴にも配慮した設計。Bluetooth対応のため、カメラ側も本体の端子カバーを開ける必要がなく、システムとしての防塵・防滴性能も維持する。

※ほこりや水滴の浸入を完全に防ぐものではない。また、カメラ本体、レンズなどの防塵・防滴性能はそれぞれの仕様に準ずる。

 

シューティンググリップGP-VPT2BT
カメラとレンズを合わせて1.5kgの機材まで装着可能。ミラーレスカメラなど重量のある機材でも、安定してホールドできるグリップ形状となっている。縦位置撮影も可能。

 

シューティンググリップGP-VPT2BT
グリップスタイル、三脚スタイル (左) 、自分撮りスタイル (右) の3通りで使用できる。

 

シューティンググリップGP-VPT2BT
回転ボタンを押すだけで、自撮りから外向き撮影など、撮影方向の切り替えが可能。

 

シューティンググリップGP-VPT2BT
角度調節ボタンを押しながら、前90°、後ろ80°までチルトが可能。ローポジションでの撮影も、無理のない体勢で行うことができる。角度は10°ごとに細かく設定可能。

シューティンググリップGP-VPT2BT

先行展示

2020年1月21日より、ソニーショールーム/ソニーストア銀座、ソニーストア札幌、ソニーストア名古屋、ソニーストア大阪、ソニーストア福岡天神にて先行展示を実施。店頭で体験もできる。

 

SONY GP-VPT2BT 主な仕様

最大負荷 1.5kg
サイズ (幅×高さ×奥行き)  グリップ状態 約49.5×173.0×42.0mm、三脚状態 約146.5×133.5×163.0mm
質量 約215g
付属品 キャリングポーチ、リチウムコイン電池 CR2032×1
対応機種 α9 II / α9 / α7R IV / α7R III / α7 III / α6600 / α6400 / α6100、RX100 VII / RX0 II
※α9はソフトウェアアップデートVer.6.0以降、α7R III / α7 IIIはソフトウェアアップデートVer.3.0以降、α6400はソフトウェアアップデートVer.2.0以降、RX0 IIはソフトウェアアップデートVer.2.0以降で対応。

 

 

〈文〉佐藤陽子