ニュース

“ボケマスター”105mmと超解像40mm、シグマこだわりのF1.4レンズにLマウントが登場

シグマが、大口径標準レンズ「40mm F1.4 DG HSM | Art」と大口径中望遠レンズ「105mm F1.4 DG HSM | Art」のLマウント用を2019年12月20日 (金) に発売する。

SIGMA 40mm F1.4 DG HSM&105mm F1.4 DG HSM

 

シグマは2019年2月に、現在発売しているフルサイズ対応の単焦点Artラインレンズ11本にLマウント用を追加し、順次発売することを発表していた。レンズの光学設計はそのままに、AF駆動方式や通信速度の最適化といった制御アルゴリズムをLマウント用交換レンズ専用に開発。AF速度の高速化に加え、AF-Cモード、カメラ内手ブレ補正、カメラ内収差補正にも完全対応する。

なお、今回発表された2本の他マウントからLマウントへのマウント交換サービスも、2019年12月20日 (金) 開始予定。

 

■SIGMA 40mm F1.4 DG HSM | Art

プロの映像制作に用いられる「SIGMA CINE LENS (シネレンズ)」に要求される高い光学性能を前提として開発された大口径標準レンズ。8K以上に対応する解像感と美しいボケ味を両立させている。希望小売価格は160,000円 (税別)。

製品の詳細はこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/269422/

SIGMA 40mm F1.4 DG HSM | Art

[焦点距離] 40mm [開放絞り] F1.4 [最小絞り] F16 [レンズ構成] 12群16枚 [画角] 56.8°(35mm判) [絞り羽根枚数] 9枚 (円形絞り) [最短撮影距離] 40cm [最大撮影倍率] 1:6.5 [フィルター径] φ82mm [最大径×長さ] φ87.8×131mm [質量] 1,200g [付属品] ケース、ロック付花形フード LH878-01 (※数値はシグマ用)

 

■SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art

解像力とボケ味、さらにアウトフォーカス部の描写にまで徹底してこだわり抜いた「BOKEH-MASTER (ボケ・マスター)」ともいうべき1本。開放F値1.4の大口径中望遠レンズで最高の性能を目指して開発されており、単焦点レンズとしては異例となる12群17枚のレンズ構成を採用している。希望小売価格は220,000円 (税別)。

製品の詳細はこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/250764/

SIGMA 105mm F1.4 DG HSM | Art

[焦点距離] 105mm [開放絞り] F1.4 [最小絞り] F16 [レンズ構成] 12群17枚 [画角] 23.3°(35mm判) [絞り羽根枚数] 9枚 (円形絞り) [最短撮影距離] 100cm [最大撮影倍率] 1:8.3 [フィルター径] φ105mm [最大径×長さ] φ115.9×131.5mm [質量] 1,645g [付属品] ケース、かぶせ式フードLH1113-­01、三脚座TS-111、Protective Cover PT-21