ニュース

フィルムそのものを撮影してデジタル化できる「Camflix フィルムデジタイズアダプター」

焦点工房は、Camflix(カムフリックス)のフィルムデジタイズアダプターを2019年11月6日に発売した。価格は、35mmフィルム標準マクロレンズ用「FDA-135M」が15,000円、中望遠マクロレンズ用「FDA-135L」が18,000円。120mmフィルム標準マクロレンズ用「FDA-120M」が22,000円、中望遠マクロレンズ用「FDA-120L」が25,000円(いずれも税別)。

Camflix フィルムデジタイズアダプター

「Camflix フィルムデジタイズアダプター」は、フルサイズのデジタルカメラを使って銀塩フィルムを手軽にデジタル化するための撮影アクセサリー。過去に撮りためた写真フィルムをデジタルデータ化して保存することができる。

使い方は、デジタイズアダプターをレンズに装着し、取り込みたいフィルムをフィルムホルダーにセット。デジタイズアダプターの挿入口に差し込んで固定するだけだ。あとは先端の拡散板を光源方向に向けて撮影するだけでいい。撮影したデータは編集ソフトで調整することで、保存条件や時間の経過によって変色してしまったフィルムも修正可能だ。

Camflix フィルムデジタイズアダプター

 

■Camflix フィルムデジタイズアダプター 35mmフィルム用 2種

35mmフィルム用の「FDA-135M」は標準マクロレンズ用、「FDA-135L」中望遠マクロレンズ用で、対応レンズ径は62mm。市販のステップアップ・ステップダウンリング(フィルター径変換リング)を使って口径を合わせることで、多くのレンズに対応可能だ。35mmフィルム用ホルダーは、パーフォレーションの範囲まで取り込むことができる。

Camflix フィルムデジタイズアダプター
▲標準マクロレンズ用 FDA-135M

 

Camflix フィルムデジタイズアダプター
▲中望遠マクロレンズ用 FDA-135L

 

■Camflix フィルムデジタイズアダプター 中判・120mmフィルム用 2種

120mm(中判)フィルム用の「FDA-120M」は標準マクロレンズ用、「FDA-120L」中望遠マクロレンズ用で、対応レンズ径は62mm。6×6、6×7のフォーマットに対応する。

Camflix フィルムデジタイズアダプター
▲標準マクロレンズ用 FDA-120M

 

Camflix フィルムデジタイズアダプター
▲中望遠マクロレンズ用 FDA-120L

 

35mmフィルム用、中判・120mmフィルム用とも、標準マクロレンズ用の推奨レンズは、ソニー「FE 50mm F2.8 Macro」、ニコン「AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D」「AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED」、シグマ「70mm F2.8 DG MACRO | Art」。中望遠マクロレンズ用の推奨レンズは、タムロン「SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD」、キヤノン「EF100mm F2.8L マクロ IS USM」、ニコン「AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED」となっている。

 

 

〈文〉柴田 誠