ニュース

スマホと一緒に持ち歩いて、その場でシェア! みんなで遊べる「instax mini Link」

富士フイルムは、スマートフォンで撮影した写真をチェキプリントにすることができるスマートフォン用プリンター“チェキ”「instax mini Link(インスタックス ミニ リンク)」を2019年10月11日に発売する。カラーはダスキーピンク、アッシュホワイト、ダークデニムの3色。価格はオープンで、フジフイルムモール直販価格は14,850円(税込)。 instax mini Link チェキプリントの簡単・スピーディ・高画質という特長はそのままに、「とるだけじゃない。伝えたいから。」をコンセプトとした今まで以上にユニークで多彩な機能が搭載されている。  

instax mini Link発表会 磯村勇斗・横田真悠

▲2019年10月2日に開催された発表会より、ゲストの磯村勇斗さん(右)と横田真悠さん(左)。

 

instax mini Link発表会 磯村勇斗

▲Bluetoothでスマートフォンと接続し、撮影した写真をワイヤレスでプリントできる。

  ■専用アプリでラクラク操作 直観的に操作し転送しやすい専用アプリが用意されていて、画像の拡大縮小、明るさ調整、回転、フィルターを使用してプリントすることができる。約12秒での高速出力が可能で、フル充電で最大約100枚のプリントが可能。また、アプリを介すことで撮影時に「instax mini Link 」本体をズームイン・ズームアウトのカメラ操作が可能なリモコンとして使用することもできる。  

■デジカメからもプリントできる 本体にはボタンが1つしかないシンプルなデザインで、操作や各種機能は専用アプリを介して行う。富士フイルムのデジタルカメラ用アプリ「FUJIFUILM Camera Remote」からも直接専用アプリに画像の転送が可能。 instax mini Link  

■決定的瞬間を切り抜く 専用アプリで動画から決定的瞬間を切り抜いてプリントすることのできる「Video Print(ビデオプリント)」機能。動画から被写体のベストな瞬間を切り出してプリントすることができる。  

■ドキドキの相性診断機能「Match Test(マッチテスト)」 専用アプリからクイズに答えることで相性診断ができ、チェキプリントにその結果が浮かび上がるまでわからないというユニークな機能が追加された。診断結果はパーセンテージで表示される。  

■みんなで作って楽しむ 最大5人が各自のスマートフォンから画像を送信して、それが1枚のプリントになる「Party Print(パーティープリント)」機能。出力後、画像が浮き上がってくるまでどんな写真ができるかわからないため、ワクワク感のある演出ができる。大切な瞬間をプリントしてシェアできる楽しみを、今まで以上に味わえるに違いない。  

アクセサリー

専用のニットカバー「ソックケース」(直販価格:税込 1,650円)も同時発売。フレーム部分が光沢のあるカラフルなデザインのチェキフィルム「MERMAID TAIL(マーメイドテイル)」1パック10枚入り(直販価格:税込 869円)は2019年10月18日発売。  

instax mini Link 主な仕様

電源 リチウムイオン電池(内臓型 取り外し不可) 使用フィルム 富士フィルム インスタントフィルム Instax mini(別売) 充電時間 約80〜120分(フル充電) 印刷可能枚数 約100枚(フル充電時) サイズ 90.3×34.6×124.5mm (突起部を除く) 重さ 209g(フィルム別) 付属品 充電用USBケーブル