ニュース

台風の影響で延期された「キヤノン EOS 90D」の発売日が再決定

台風15号の影響により発売が延期されていたキヤノンの一眼レフカメラ「EOS 90D」が、2019年9月20日(金)に発売されることに決定した。

 

EOS 90D・EF-S18-135 IS USM レンズキット
▲EOS 90D・EF-S18-135 IS USM レンズキット

 

当初は2019年9月12日発売の予定だったが、台風15号の影響により延期されていた。「EOS 90D・EF-S18-135 IS USM レンズキット」も同じく2019年9月20日(金)発売となる。

キヤノンの東京物流センターは台風15号により電気系統の設備等に深刻な被害が発生し、商品の入出庫業務に遅延が生じている。通常納期への復旧は9月17日以降になる見込みだという。

 

EOS 90D・EF-S18-135 IS USM レンズキット

「EOS 90D」は、上位機種に匹敵する機能、性能を搭載したAPS-C一眼レフの完成形というコンセプトで開発された。キヤノンのAPS-C一眼レフにおいて最高となる有効約3250万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーや、ファインダー撮影時で最高約10コマ/秒の高速連写機能などを搭載している。価格はオープンで、キヤノンオンラインショップ直販価格はボディ単体が150,000円、EF-S18-135 IS USM レンズキットが197,500円(いずれも税別)。
製品の詳細はこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/310586/