ニュース

キヤノンの超高精細8Kカメラで恋愛ドラマを撮るとこうなる! ボケにこだわった映像作品公開

キヤノン公式YouTubeチャンネルで、高精細8Kショートムービー『Stand By You』が公開された。

 

Stand By You

 

『Stand By You』は、キヤノンの8KカメラとEFシネマレンズを使用し、台湾で撮影された約6分の恋愛ドラマ。レトロな雰囲気が残る九份の街並みや、賑やかな台北の市場などを舞台に、温かな心の交流が描かれている。

 

Stand By You
▲クライマックスシーンでは、背景の雲の隙間から漏れる太陽の光と、手前に立つ人物の肌の質感、どちらも自然に表現。キヤノン8Kカメラのダイナミックレンジの広さが生かされている。

 

キヤノンは、独自の光学・画像処理技術により、カメラ、レンズ、ディスプレイなど幅広い8K機材の開発に取り組んでいる。8Kカメラは独自開発の8Kセンサーを搭載し、解像度は8192×4320画素。超高精細かつハイダイナミックレンジで広色域の撮影に対応し、あたかも実物が目の前にあるかのような質感・空気感・臨場感を表現することが可能だ。ショートムービー『Stand By You』でも、8K機材だからこそ伝えられる精細感や奥行き感、美しいボケが堪能できる。

EFシネマレンズのボケ味を生かした作品づくりに挑戦したかったという企画プロデューサー・8K技術統括の高垣俊宏さんは、「8K映像の圧倒的な解像度がもたらす精細さとリアリティーあふれる質感や空気感を生かした作品にすることができたと思います」と話す。

また、監督・脚本を担当した湯浅典子さんは、「キヤノンの8Kカメラ・レンズは、超高精細な撮影はもちろんですが、ドラマチックな描写においても素晴らしい映像表現ができると感じました」「今回の作品の制作を通じて、大きなボケ味を生かし、被写体を際立たせることができるキヤノンの8Kカメラ・レンズには大きな可能性を感じました」とのこと。

Stand By You
▲クライマックスシーンの撮影風景。

 

■Stand By You

台湾を訪れた1人の日本人女性。ある人を探しているようだが、現地の人に尋ねてみるも、言葉が通じず途方に暮れてしまう。困って座り込んでいたところ、ある男性に声をかけられて……。

※映像を再生するデバイスによって表示される画質が異なります。

 

 

〈文〉佐藤陽子