ニュース

【2019年版】写真撮影におすすめの花火大会9選――今年こそ花火撮影にチャレンジ!

令和最初の夏がやってきました。夏は、海にも山にも魅力的な被写体がたくさんありますが、今年は花火の撮影にチャレンジするというのはいかがでしょうか。夜空にきらめく一瞬の明かりの撮影は難易度やや高めですが、撮影におすすめの花火大会を撮影地マップからピックアップしました。

【関連記事】

花火の撮影テクニックはこちらの記事をご覧ください↓

夏の風物詩“花火”を華やかに撮影するための事前準備と撮影テクニック

 

①足立の花火(東京・足立)/2019年7月20日(土)

都内で行わる梅雨明け最初の花火大会。打ち上げサイズは4号玉が中心ですが、至近距離で観覧&撮影できるので迫力はスゴいです。北千住側のメイン会場で撮影するなら、広角レンズは必須。ワイドスターマインを画面の横幅いっぱいに収めることができます。

撮影地の詳しい情報は→ https://capa.getnavi.jp/guide/adachi_hanabi/

 

②豊田おいでんまつり花火大会(愛知・豊田)/2019年7月28日(日)

豊田おいでんまつりの最終日に行われる、東海地区最大規模の花火大会。手筒花火やナイアガラ瀑布など、多彩な演出で見どころ満載。エンディングのワイドスターマインは大迫力。激しく打ち上がるので、シャッターを開けている時間は短くても十分。

撮影地の詳しい情報は→ https://capa.getnavi.jp/guide/oiden_matsuri/

 

③長岡まつり大花火大会(新潟・長岡)/2019年8月2日(金)・3日(土)

日本三大花火大会の一つ、長岡まつり大花火大会。Yahoo!調べの「有名花火師が選ぶ花火大会厳選10選」で1位を獲得するなど、花火の質も高く見どころ多数です。こちらの花火大会でも大迫力の三尺玉が打ち上がります。

撮影地の詳しい情報は→ https://capa.getnavi.jp/guide/nagaoka_matsuri/

 

④古河花火大会(茨城・古川)/2019年8月3日(土)

広大なゴルフ場に花火の筒が設置される古河花火大会。打ち上げ総数2万発は、関東最大級。大会目玉の三尺玉は圧巻です。明るい時間にメインの観覧席に入ると筒場の様子が見られるので、撮影のプランを立てるのに役立ちます。

撮影地の詳しい情報は→ https://capa.getnavi.jp/guide/koga_hanabitaikai/

 

⑤関門海峡花火大会(山口・下関/福岡・門司)/2019年8月13日(火)

山口側の下関港と、福岡側の門司港の2か所で花火が打ち上がります。観覧場所は広く撮影場所の確保が比較的容易。単発の打ち上げ、スターマイン、水中花火、音楽花火などバリエーションがあり見応えある花火大会です。

撮影地の詳しい情報は→ https://capa.getnavi.jp/guide/kanmonkaikyou_hanabi-2/

 

⑥諏訪湖祭湖上花火大会(長野・諏訪)/2019年8月15日(木)

打ち上げ数40,000発は日本一。ナイアガラ、スターマイン、尺玉と種類も多く見応え抜群です。名物の「水中花火」は水面で半円で開花する花火の事で、上空に打ち上げる花火に比べると開花位置の距離が近いので大迫力。クライマックスの「Kiss of Fire」は、水上花火が湖面の両サイドから中央に向かって徐々に開花します。

撮影地点の詳しい情報は→ https://capa.getnavi.jp/guide/suwako_hanabi/

 

⑦熊野大花火大会(和歌山・熊野)/2019年8月17日(土)

打上台船2 隻と岩場の計3か所が打上場所になっています。岩場に直接花火を置いて点火する鬼ヶ城大仕掛け花火、千輪菊一斉打ち、また三尺玉海上自爆と名付けられた世界最大級の水上花火など見どころがたくさんあります。

撮影地の詳しい情報は→ https://capa.getnavi.jp/guide/kumano_daihanabi/

 

⑧赤川花火大会(山形・鶴岡)/2019年8月17日(土)

有名な煙火店の、質のよい花火が次々に上がる赤川の花火。特に、ワイドスターマインは圧巻です。丁寧なアナウンスがあるので、次の花火に備えて露出の微調整ができます。超広角レンズを持っていくのがおすすめ。

撮影地の詳しい情報は→ https://capa.getnavi.jp/guide/akagawa_hanabi/

 

⑨全国花火競技大会「大曲の花火」(秋田・大曲)/2019年8月31日(土)

「日本三大花火大会」かつ、「日本三大競技花火大会」の1つと言われる人気の花火大会。全国から28 社の煙火店が集まり技を競い合います。最初から最後まで見事な花火ばかりが打ち上がりますが、大会提供のワイドスターマインは特に大迫力です。

撮影地の詳しい情報は→ https://capa.getnavi.jp/guide/zenkoku_hanabi-2/

 

【関連記事】

花火の撮影テクニックはこちらの記事をご覧ください↓

夏の風物詩“花火”を華やかに撮影するための事前準備と撮影テクニック