ニュース

小型ミラーレスの“都会のジャングル”モデル「ライカ CL URBAN JUNGLE by JEAN PIGOZZI」

ライカカメラジャパンが、ミラーレスカメラ「ライカ CL」の特別モデル「ライカ CL URBAN JUNGLE by JEAN PIGOZZI」を2019年6月末に発売する。価格は500,000円(税別)。

 

ライカ CL URBAN JUNGLE by JEAN PIGOZZI

 
「ライカ CL URBAN JUNGLE by JEAN PIGOZZI」は、写真家 / 実業家 / アートコレクターなどの多彩な顔を持つ Jean Pigozzi(ジャン・ピゴッツィ)氏とのコラボレーションモデル。“URBAN JUNGLE” (都会のジャングル) を連想させるデザインのボディに、単焦点レンズ「ライカ エルマリート TL f2.8/18mm ASPH.」と、丈夫でデザイン性にも優れたキャリングストラップがセットになっている。

ライカ CL URBAN JUNGLE by JEAN PIGOZZI

ライカ CL URBAN JUNGLE by JEAN PIGOZZI

ライカ CL URBAN JUNGLE by JEAN PIGOZZI

 
カメラの性能は、通常モデルの「ライカ CL」と同じ。マウントはLマウントで、パナソニックとシグマのLマウントレンズも装着できる。

「ライカ CL」は、有効2424万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したミラーレスカメラ。手のひらサイズのコンパクトなボディに、タッチパネル液晶モニターと電子ビューファインダーを備え、4K動画の撮影も可能。Wi-Fiにも対応し、静止画や動画をワイヤレスでスマートフォンに転送できる。製品の詳細はこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/257721/