ニュース

キレイなボケが楽しめる全域F1.7の大口径ズーム「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm / F1.7 ASPH.」

パナソニックが、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠した大口径標準ズームレンズ「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm/F1.7 ASPH.」を発表した。35mm判換算で20〜50mmをカバーし、ズーム全域で開放値F1.7を実現する。発売予定日は2019年8月22日(木)、希望小売価格は270,000円(税別)。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm / F1.7 ASPH.

 
ライカの厳しい光学基準をクリアした、LEICA DG VARIO-SUMMILUX(ライカDGバリオ・ズミルックス)レンズ。超広角域では風景や天体、標準域ではスナップやポートレートなど、幅広い被写体に対応する。ズーム全域F1.7の明るさと浅い被写界深度を生かして、高品位なボケ表現が楽しめる。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm / F1.7 ASPH.

 
■描写性能
非球面レンズ3枚、EDレンズ4枚、UHRレンズ1枚を採用した12群17枚のレンズ構成で、球面収差や色収差を補正し、画面周辺まで、大口径単焦点レンズ並みの優れた描写性能を発揮する。

 
■操作性
レンズ鏡筒部の絞りリングにより、ファインダーを覗いた状態でリング操作による絞り調整が可能。絞りリングはクリックレス仕様で、動画撮影時の滑らかな撮影をサポートする。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm / F1.7 ASPH.

また、フォーカスリングをスライドさせるだけでAF/MFを素早く切り替えることができるフォーカスクラッチ機構を搭載。さらにMF操作では、静止画撮影時はリング回転の操作速度に依存(無限回転)、動画撮影時にはリングの回転角の絶対位置に依存を切り替え可能とすることで、スムーズなマニュアル操作を実現する。

LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm / F1.7 ASPH.

左がAF時、右がMF時

 
■機動力
大口径ズームレンズながら、質量690gの軽さと全長約128mm・最大径87.6mmの小型サイズを実現。防塵・防滴仕様と−10℃までの耐低温設計を採用している。

 
■AF性能
インナーフォーカス方式の採用により静音性に配慮しつつ、240fps駆動の高速・高精度コントラストAFに対応。素早く動く被写体もしっかり追従する。

 
■動画性能
フォーカシング時の画角変化であるブリージングを抑制。輝度変化が大きいシーンではF値変化を滑らかに制御し、ズーム時も安定した露出制御を実現する。

 

■LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm / F1.7 ASPH. 主な仕様

品番 H-X1025
マウント マイクロフォーサーズマウント(金属マウント)
焦点距離 10〜25mm(35mm判換算 20〜50mm)
開放絞り F1.7
最小絞り F16
レンズ構成 12群17枚(非球面レンズ3枚、EDレンズ4枚、UHRレンズ1枚)
画角(水平/垂直/対角線) W(f=10mm):94°~ T(f=25mm):47°
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.28m
最大撮影倍率 0.14倍(35mm判換算 0.28倍)
フィルター径 φ77mm
サイズ(最大径×長さ) φ87.6×約128mm
質量 約690g(レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップを除く)
付属品 レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ、レンズポーチ