ニュース

超高解像と美ボケを両立させた大口径F1.4の望遠レンズ「Otus 1.4/100」発売日決定

コシナが、カールツァイスの大口径望遠レンズ「Otus 1.4/100」を2019年6月12日(水)に発売する。

ZEISS Otus 1.4/100

フルサイズ一眼レフに対応する。マウントはキヤノンEFマウント(ZE)、ニコンFマウント(ZF.2)。希望小売価格は630,000円(税別)。

 
「Otus 1.4/100」は、中判カメラ並みのクオリティをコンセプトに開発されたハイエンドマニュアルフォーカスレンズ「Otus(オータス)」シリーズの第4弾。F1.4の開放から卓越した解像力と、美しいボケ味が得られる。

焦点距離は、第1弾の「Otus 1.4/55」が標準域の55mm、第2弾の「Otus 1.4/85」が中望遠域の85mm、第3弾の「Otus 1.4/28」が広角域の28mm、そしてこの「Otus 1.4/100」が望遠域の100mmをカバーする。

製品の詳細はこちら。
https://capa.getnavi.jp/news/298009/

 

■ZEISS Otus 1.4/100 主な仕様

マウント ZE(キヤノンEF)、ZF.2(CPU内蔵ニコンAi-S互換)
焦点距離 100mm
レンズ構成 11群14枚
画角(対角線/水平線) 24.1°/ 20.2°
絞り値 F1.4〜F16
最短撮影距離 1.0m
最大撮影倍率 1:8.6
フィルター径 φ86mm
サイズ(最大径×長さ) φ100.7×128.8mm(ZE)/φ100.7×126.3mm(ZF.2)
質量 1,340g(ZE)/1,320g(ZF.2)
付属品 リバース可能バヨネットレンズシェード