ニュース

小さっ! DJI初のアクションカメラ「Osmo Action」に触ってきた!

ドローンの最大手であるDJIは、アクションカメラ「Osmo Action」を2019年5月17日に発売した。希望小売価格は44,820円(税込)。

 

DJI Osmo Action

 
5月16日に発表会とプレス向けの体験会が開催された。

DJI Osmo Action

▲ゲストのマウンテンバイクライダー・永田隼也選手とDJI・川中良之さん。

 
「Osmo Action」は、DJI初のアクションカメラ。1200万画素の1/2.3インチCMOSセンサー、ボディ前後にディスプレイを搭載している。前面のディスプレイは自分撮りで使える1.4インチで、背面のディスプレイは2.25インチのタッチパネルで各種設定が可能となっている。

DJI Osmo Action

DJI Osmo Action

 
本体のみで水深11mに対応する高い耐水性を備えていることから、会場では水槽に入れられて展示されているものもあった。防水ケースを使えば、水深60mまでの使用が可能となる。

DJI Osmo Action

DJI Osmo Action

 
本体は65×42×35mm、124gとコンパクト。激しいアクションからレンズを保護する保護レンズカバーが付属する。また、カメラフレームやクイックリリースベースなどが同梱となる。

DJI Osmo Action

 
オプションでND4、ND8、ND16、ND32の4種類のNDフィルターが用意されている。

DJI Osmo Action

 
バッテリーは、90分の充電で最長135分(ロックステディOFF、1080p/30fps時)が可能だ。

DJI Osmo Action

 
ボディ上部には電源ボタン(左下)とシャッターボタン(右上)。

DJI Osmo Action

 
左側面にはモードと画面の切り替えができるクイックスイッチボタンが設けられている。その下のカバーの中にはUSBポートとマイクロSDカードスロットがある。

DJI Osmo Action

 
オプションのフローティングハンドルには、カメラフレームを装着して取り付ける。

DJI Osmo Action

DJI Osmo Action

 
カメラフレームを装着した状態でも各種ボタンが操作できるようになっている。

DJI Osmo Action

 
「Osmo Action」は、ロックステディ(電子手ブレ補正機能)を備えており、マウンテンバイクやスノーボード、ダイビングといった動きの激しいスポーツで活躍できるアクションカメラ。画質や操作性なども気になるところ。次はアウトドアで試してみたいと思った。

DJI Osmo Action
 

 
〈写真・文〉柴田 誠