ニュース

F0.95の明るさ!フルサイズミラーレス用の超大口径標準レンズ「SPEEDMASTER 50mm F0.95 III」

焦点工房は、中一光学のフルサイズミラーレス用、超大口径の標準レンズ「SPEEDMASTER 50mm F0.95 III」を2019年4月に発売する。希望小売価格は98,000円(税別)。

 

SPEEDMASTER 50mm F0.95 III

 

最大の特徴は絞り開放F値0.95という驚異的な明るさ。携帯性も高く、ミラーレス機とのバランスを考慮したデザインになっている。超大口径レンズの特徴を生かして、光量の少ない場所での手持ち撮影や、美しく大きなボケ味を生かした撮影が可能だ。

2014年発売の「SPEEDMASTER 50mm F0.95 M67(バージョン2)」からの改良点は、

  • 光学性能の見直しにより画質が向上。
  • 最新のニコンZマウント・キヤノンRFマウントに対応。

となっている。

SPEEDMASTER 50mm F0.95 III

■先行展示

2019年2月28日(木)~3月3日(日)に開催されるカメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+2019」Kent Faith International / 焦点工房ブースにて先行展示を実施する。

 

■中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 III

マウント ソニーEマウント、キヤノンRFマウント、ニコンZマウント
焦点距離 50mm
絞り F0.95〜F16
フォーカス MF
最短撮影距離 0.5m
 

 
〈文〉稲葉利二