ニュース

こんなに小さいのに高倍率の万能レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3」

オリンパスは、広角12mmから望遠200mmまでズーム全域で高い描写性能を誇る16.6倍の高倍率ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3」を2019年3月下旬に発売することを発表した。価格は115,000円(税別)。レンズフードとレンズキャップが付属する。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

■高倍率と小型軽量化を両立
「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3」は、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠した16.6倍の高倍率ズームレンズ。1本のレンズで24mm〜400mm相当(35mm判換算)の焦点域をカバーする。サイズφ77.5×99.7mm、重さ455gと圧倒的な小型軽量化を実現し、「OLYMPUS OM-D E-M5 MarK II」に装着した状態では、重さ約930gとなっている。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

OLYMPUS OM-D E-M5 MarK II+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3

▲OLYMPUS OM-D E-M5 MarK II 装着時
 

■10cmまで寄れる
最短撮影距離は、広角側で約22cm、望遠側で約70cmとなっており、広角側ではレンズ先端から約10cmまで被写体に近寄った撮影が可能だ。最大撮影倍率は広角側で0.1倍、望遠側で0.23倍。
 

■防塵・防滴設計
M.ZUIKO PROシリーズと同等の防塵・防滴性能を備え、防塵・防滴性能を持つカメラと組み合わせて使うことで、砂やほこり、雨、水しぶきなど、厳しい環境下での撮影を可能にする。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3
 

■光学設計
レンズ構成は、非球面レンズ3枚、スーパーEDレンズ2枚、EDレンズ2枚、スーパーHRレンズ1枚、HRレンズ2枚を含む11群16枚構成。ZEROコーティングを採用することで、ゴーストやフレアの発生を大幅に低減させている。絞り羽根は7枚(円形絞り)で、フィルターサイズはΦ72mm。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3
 

■AF性能
接合レンズ1枚からなる軽量レンズを移動させてピント合わせを行うインナーフォーカスを採用したMSC(Movie and Still Compatible)機構を搭載することで、高倍率ズームレンズながら、高速・高精度のAFレンズ駆動を実現している。さらに、ピント位置を変えても画角変動の少ない光学設計を採用することで、動画撮影での使い勝手もいいズームレンズとなっている。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3
 

■M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 主な仕様

マウント マイクロフォーサーズマウント
焦点距離 12〜200mm(35mm判換算 24〜400mm相当)
レンズ構成 11群16枚(非球面レンズ3枚、スーパーEDレンズ2枚、EDレンズ2枚、スーパーHRレンズ1枚、HRレンズ2枚)
絞り羽根枚数 7枚(円形絞り)
画角 W 84°〜T 6.2°
最大口径比 F3.5
最大口径比 F22
最短撮影距離 W 0.22m / T 0.7m
最大撮影倍率 W 0.1倍(35mm判換算 0.2倍相当)/ T 0.23倍(35mm判換算 0.46倍相当)
フィルター径 φ72mm
サイズ(最大径×長さ) φ77.5×99.7mm
質量 455g
付属品 レンズフード LH-76C、レンズキャップ LC-72D、レンズリアキャップ LR-2 ほか
 

 
〈文〉柴田 誠