ニュース

「空中撮影はドローン!」ではない!?360度動画、最強の手ブレ補正のアクションカメラ“Insta360 ONE X”

360度カメラ「Insta360シリーズ」のメーカーであるShenzhen Arashi Visionは、2018年10月10日(水)、アクションカメラの未来とも言える360度カメラ「Insta360 ONE X(以下、ONE X)」を発表した。

5.7KカメラのONE Xは、カメラの可能性を更に広げる、画期的な手ブレ補正と映画のようなスローモーション撮影機能が加わった。アプリは、iOSとAndroid対応。

 

 

新種カメラ、誕生

ただの360度カメラではないONE X。撮影中と撮影後の両方で、360度ならではの自由と創造性を提供し、これまでにない全く新しい種類のカメラだ。ジンバルを利用したかのような滑らかな手ブレ補正と最新の高速度撮影モードが加わり、360度撮影の新境地を開いた。

 

高画質、高フレームレート、高品質

どの角度も360度綺麗に撮影するためには、オリジナルの画質の高さが重要。今回のONE Xは、同クラス製品の中でも最高の画質の5.7K(30fps)撮影が可能。動きの多いシーンの撮影では、50fps(4K)および100fps(3K)の撮影モードも選択可能。激しい動きも滑らかに再生でき、映画のようにここぞというシーンにスローモーションをかけることもできる。また1800万画素写真は、美しさはそのままで、さらに暗い環境でも鮮明に撮ることが可能になった。

 

まるでジンバルをつかったかのような手ブレ補正

ONE Xは画期的なFlowState手ブレ補正機能を搭載し、すべての角度の動きを分析。今までにないクオリティの手ブレ補正を実現する。FlowState手ブレ補正とは、カメラ単体で驚くほど滑らかな動画を撮影できる技術。ONE Xをヘルメットや自撮り棒、ボート、どこにつけてもプロ級の手ブレ補正をかけることができる。

 

 

まず撮影、あとから編集

ONE Xには、360度撮影が終わってから、ゆっくりと他人に見せたいシーンだけを選ぶことができる機能がついているので、撮影する際いちいちカメラを撮影したいものに向けなくても、カメラがすべてを撮ってくれる。撮影後は、ONE Xのアプリを使うと簡単に面白い編集ができる。従来のカメラでは不可能だった、お気に入りのシーンをいろいろな角度からのシーンを選ぶことも、映画のようなカメラワークをかけてみたりすることも可能。

 

その瞬間を掴め

ONE Xの新機能タイムシフトは、撮影した映像の好きなところを好みの再生速度に調整できる編集機能。映画のシーンのようにスローモーションから高速早送りにしたり、アプリだけで簡単に異なるシーンごとに時間的な加工ができる。好きな角度を選んで、好きな再生速度を自由に選べるので、空間と時間を意のままに操ることができる。

 

音のないドローン

ONE Xを自撮り棒につけて撮影すると、不思議なことに映像から自撮り棒は自動的に消されて、まるでONE Xが空中に浮いて周りを撮影しているような映像を撮ることができる。この機能を活かし、ONE Xを3メートルの自撮り棒につければ、ドローンなしでもドローンを使ったような空撮映像を撮影できる。

 

バレットタイムが3K画質に

従来モデルの「Insta360 ONE」には、ユーザーをスローモーション撮影の中心に置く「バレットタイム撮影」が搭載されている。 ONE Xは、この機能を拡張して360度の広い視野とより鮮明な3K解像度でバレットタイム撮影を次のレベルに引き上げた。

 

プレビューと転送をスムーズにする高速Wi-Fi

ONE Xの接続方法にWi-Fi接続が追加。遠隔でプレビューを見ながら撮影することも操作するが可能になった。撮影した映像をスマホに転送して編集やシェアする際は、Wi-Fiで転送することも変換ケーブル接続で転送することもできる(ライトニング、USB Type-CおよびMicro-USB変換ケーブルは、ONE Xに付属する)。

 

長時間撮影に向けて

ONE Xは交換式1200 mAhバッテリーを採用。離れた場所からも電源を起動できる。

 

全方向の光を自然に捉える

360度カメラは全方向を撮影するため、周囲の照明条件に影響されやすいので、360度カメラには、高いダイナミックレンジが必要。その解決策として、ONE Xは写真撮影に専用のHDRモードを実装。更に撮影環境に合わせて、各カメラ設定、例えばISO感度、EV値、ホワイトバランス、シャッター速度を手動調整もできる。タイムラプス、ハイパーラプス、インターバル撮影、タイマー撮影などの機能も搭載。

 

水濡れも水中撮影も大丈夫

別売りオプションとして、2つのケースを用意。防水ケースは水上スポーツ専用に設計され、水の流れる環境や水深5メートル以内で安心して使用可能。潜水ケースは防水ケースとは異なり、水の中、水深30メートル以内できれいな360度映像を撮れるように設計されている。

 

旅の思い出をまるごと記録

別売りのGPSスマートリモコンでONE Xを遠隔コントロールすると、撮影と同時に写真や動画にGPS情報が自動的に記録される。撮影した写真や動画は、簡単にGoogleストリートビューにアップロードすることができ、さらに、まるで旅行記録のダッシュボードのように、動画に速度、方向、標高、位置、ルート情報などを表示することができる。

 

 

Insta360 ONE X 製品概要

販売価格:52,300円(税込)
製品詳細ページはこちら:https://hacosco.com/insta360-one-x/

製品仕様

本体サイズ 高さ114.56mm x 幅48mm x 奥行き27.60mm(レンズ含む) 、高さ114.56mm x 幅48mm x 奥行き18.10mm(レンズ除く)
重量 90.9g(バッテリー除く)、115g(バッテリー含む)
レンズ 200° 2 x F2.0 魚眼レンズ
解像度(静止画) 6080 x 3040 (18MP)
解像度(動画) 5760 x 2880@30fps、3840 x 1920@50fps、3840 x 1920@30fps、3008 x 1504@100fps
対応SNS Facebook、YouTube、Periscope、Instagram、LINE、Facebook Messenger、Twitter
静止画ファイル形式 保存フォーマット: insp dng(RAW)
出力フォーマット: jpg
動画ファイル形式 保存フォーマット: insv
出力フォーマット: mp4
色空間 bt.709
動画コーデック H264
ライブストリーミングプロトコル rtmp
ストレージ Micro SD UHS-I、V30以上、exFAT(FAT64) format:最大128 GB.
ビットレート(各レンズ) 50Mbps
露光モード オート,マニュアル(シャッター 1/8000s-120s, ISO 100-3200), シャッター優先(1/8000s-2s), ISO優先(100-3200)
EV値 -3EV~+3EV
ホワイトバランス Auto, Cloudy, Sunny, Fluorescent, Incandescent
静止画モード 360度撮影
インターバル撮影
RAW
HDR
ビデオモード 360度撮影
タイムプラスモード
バレットタイム撮影
Log 360度動画
ライブストリーミングモード 360度ライブストリーミングフリーキャスト(ユーザが視聴範囲をコントロール可能)720p@30fps 960p@30fps 1080p@30fps 1280p@30fps
接続 Bluetooth: BLE4.0、USB: Micro-USB、Wi-Fi
ファイル容量(静止画) 6MB
ファイル容量 / 1分あたり(5.7K 動画の場合) 800 MB
ジャイロセンサー 6軸センサー
スラビライズ機能 FlowStateスタビライゼーション
スティッチング オプティカルフロー / テンプレート
電力 9V 2A / 5V 2A Micro USB 充電式
バッテリー容量 1200mAh (60min*)
*5.7K@30FPSまたは4K@50FPS動画撮影の場合
取り外し可能
動作温度 -10-40°C
保管温度 -20~40°C
アプリOS iOS、Android