ニュース

ボケと明るさを手に入れた小型軽量レンズ「SIGMA 56mm F1.4 DC DN」

シグマが、小型軽量で高画質を実現した大口径中望遠レンズ「SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary」の開発を発表した。APS-Cセンサー採用のミラーレスカメラに対応する。対応マウントはマイクロフォーサーズ、ソニーEマウント。発売日・価格は未定。

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary

シグマF1.4 DC DNシリーズの第3弾として、広角の「16mm F1.4 DC DN | Contemporary」、標準の「30mm F1.4 DC DN | Contemporary」に続き、中望遠域をカバーする「56mm F1.4 DC DN |Contemporary」が発売される。フルサイズに比べてボケが小さくなりがちなAPS-Cサイズのカメラでも十分なボケ量と明るさを手に入れるために、あえて開放F値1.4にこだわった。ポートレートからスナップ、夜景まで幅広いシーンに対応する。
 

■光学性能

周辺光量と歪曲収差はカメラ内での補正機能を使用することを前提に設計し、小型化を実現。さらにSLDガラスを採用することで、画像処理では補正困難な軸上色収差も良好に補正する。小型軽量化と高画質を両立させた。コーティングは、スーパーマルチレイヤーコートを採用。フレア、ゴーストの発生を軽減し、コントラストの高い描写を実現する。
 

■フォーカス性能

動画AFに対応する光学設計とステッピングモーターの採用により、静かで自然なピント合わせが可能。ソニーEマウントはファストハイブリッドAFにも対応し、優れた追従性で動く被写体にピントを合わせ続けることができる。
 

■堅牢性

マウント部にゴムのシーリングを施した簡易防塵・防滴構造。高精度で堅牢な真鍮製バヨネット・マウントを採用している。
 

SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary

フード装着時
 

 

Photokina2018:SIGMA

フォトキナ2018(2018年9月26日〜29日 ドイツ・ケルン)のプレスイベント会場に展示されていた「SIGMA 56mm F1.4 DC DN | Contemporary」。コンパクトさがよくわかる。
 

■主な仕様

マウント マイクロフォーサーズマウント、ソニーEマウント
焦点距離 56mm
開放絞り F1.4
最小絞り F16
レンズ構成 6群10枚
画角(DC) 28.5°
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最短撮影距離 50cm
最大撮影倍率 1:7.4
フィルター径 φ55mm
サイズ(最大径×長さ) φ66.×59.5mm
質量 280g
付属品 レンズフード LH582-01

※数値はソニーEマウント用。