ニュース

人気コンデジ最新モデル「RICOH GR III」と旧モデルをスペック比較!

リコーおよびリコーイメージングが、ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「GR」シリーズの最新モデルとなる「RICOH GR III」の開発を発表した。ドイツ・ケルンにて開催の写真・映像用品展示会「フォトキナ2018」(2018年9月26日〜29日)に参考出品される。

RICOH GR III

「RICOH GR III」は、高画質や速写性、携帯性の追求というGRシリーズの基本コンセプトをベースに、新開発のレンズをはじめ、イメージセンサーや画像処理エンジンなどの主要デバイスを全て一新し、さらなる高画質を追求。各種機能やユーザーインターフェースの強化・刷新もはかられ、究極のスナップシューターを目指す。発売時期は2019年春の予定で、価格は未定だ。

有効画素数は、2015年に発売された「RICOH GR II」と比べて大幅にアップした2424万画素。ボディは、約109.4(幅)×61.9(高さ)×33.2(奥行き)mmと、こちらは「RICOH GR II」と比べてややコンパクトに。

撮像素子シフト方式の3軸手ブレ補正や、超音波振動による撮像素子クリーニング機能(DR II)、ローパスセレクターが搭載される。内蔵メモリーは約2GBとなる。

レンズ構成は4群6枚(非球面レンズ2枚)。撮影距離範囲は標準でレンズ先端から約0.1m〜∞、マクロモードで約0.06m〜0.12mとなった。焦点距離は「RICOH GR II」と同じで、35mm判換算で約28mm相当の18.3mm。
 

機種名 GR III GR II
有効画素数 約2424万画素 約1620万画素
手ブレ補正 撮像素子シフト方式(Shake Reduction)3軸補正
ローパスセレクター SRユニットを用いたモアレ低減機能 −(ローパスフィルターレス)
ダストリムーバル 超音波振動による撮像素子クリーニング機能(DR II)
レンズ構成 4群6枚(非球面レンズ2枚) 5群7枚(非球面レンズ2枚)
焦点距離 18.3mm(35mm判換算 約28mm相当)
F値 F2.8~F16
撮影距離範囲 標準 約0.1m~∞
マクロ 約0.06~0.12m
標準 約0.3m~∞
マクロ 約0.1m~∞
画像モニター 3.0型 約103.7万ドット(タッチパネル) 3.0型 約123万ドット
内蔵メモリー 約2GB 約54.0MB
サイズ(幅×高さ×奥行) 約109.4×61.9×33.2mm 約117.0×62.8×34.7mm
質量 本体 約227g 本体 約221g

 

 

RICOH GR III vs GR II
〈文〉佐藤陽子