ニュース

鈴鹿8耐作品が続々入賞!流し撮りGP2018第5戦 結果発表

CAPAの連載モータースポーツフォトコンテスト「流し撮りGP 2018」第5戦の結果発表です。

優勝は西圭一さん(大阪府)の「2 by 2」が獲得。西さんは今回の優勝で年間ランキングでもポイントリーダーに立ちました。今月の1~8位入賞作品を紹介します。

CAPA「流し撮りGP」2018第5戦の結果は、CAPA2018年10月号に掲載されています。併せてお楽しみください。

 

GP1位 「2 by 2」 西 圭一(大阪府)


キヤノンEOS-1DX Mark II EF600ミリF4L IS II USM シャッター速度優先モード  1/200秒 絞りF4 ISO 100
SUPER GT タイヤテスト走行/鈴鹿サーキット/スプーンカーブ

 

GP2位 「夕暮れ時」 橘 敬介(愛知県)


ニコンD4  AF-S ニッコール 500ミリF4E FL ED VR マニュアル露出  1/160秒 絞りF11
鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018/鈴鹿サーキット/西ストレート

 

GP3位 「mirage」 安積泰信(東京都)


ニコンD3X AI AF-S ニッコール ED 400ミリF2.8D(lF) + TC-14E マニュアル露出  1/250秒 絞りF4 ISO 320  ホワイトバランス:マニュアル設定
SUPER GT 2018 第5戦/富士スピードウェイ/コカコーラコーナー

 

GP4位 「睨み」 関場冬樹(宮城県)


ニコンD750  AF-S ニッコール 200-500ミリF5.6E ED VR マニュアル露出  1/2500秒 絞りF5.6 ISO 100  ホワイトバランス:オート
SUPER GT 2018 第5戦/富士スピードウェイ/ダンロップコーナー

 

GP5位 「ギャラリー」 中村雄紀夫(神奈川県)


「激感エリア」のギャラリーを前ボケに入れてみました。
ニコンD4S  AF-S ニッコール 400ミリF2.8E FL ED VR  シャッター速度優先モード  1/30秒 絞りF3.5 -0.3補正 ISO 100 NDフィルター使用 ホワイトバランス:5200k
鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018/鈴鹿サーキット/2コーナー(激感)

 

GP6位 「艶色」 山田和宏(岐阜県)


逆光でしか出ない艶と色合い。この作品は流さないことにより、その一瞬一瞬の力のこもった走りを美しく表現した一枚に仕上げました。
キヤノンEOS 7D Mark II  EF400ミリF2.8L IS USM + EX EF1.4 III マニュアル露出 1/100秒 絞りF5.6 ISO 100 ホワイトバランス:オート
鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018/鈴鹿サーキット/日立オートモーティブシステムズシケイン

 

GP7位 「Quiet image」 羽根田裕之(奈良県)


キヤノンEOS-1DX  EF400ミリF2.8L IS II USM マニュアル露出  1/8秒 絞りF8 ISO 50 ホワイトバランス:オート
ブランパンアジア 2018 鈴鹿/鈴鹿サーキット/ストレート

 

GP8位 「Attack !」 阿部貴光(栃木県)


ニコンD810  AF-S VRニッコール 300ミリF2.8G IF-ED + TC-20E III マニュアル露出  1/5秒 絞りF14 ISO 32相当 ND8フィルター使用 ホワイトバランス:オート
SUPER FORMULA 2018 第4戦/富士スピードウェイ


 

 

第5戦にはバイクファン真夏の祭典「鈴鹿8時間耐久ロードレース」作品がたくさん送られてきました。
以下、予選通過作品18点を紹介します。

予選通過 「最速」 稲荷吉洋(三重県)


ジョナサン・レイ選手の最速ラップを1/8秒で撮影。スピード感を出しました。
ニコンD5 AF-S  ニッコール 500ミリF4G ED VR マニュアル露出 1/8秒 絞りF22 ISO 100  PLフィルター使用 ホワイトバランス:オート
鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018/鈴鹿サーキット/S字コーナー

 

予選通過 「旋回」 加藤泰弘(愛知県)


西日で輝いたところを目立つように撮りました。
ニコンD500  AI AF-Sニッコール ED 500ミリF4D II(IF) シャッター速度優先モード 1/10秒 絞りF13 ISO 160 ND8フィルター使用 ホワイトバランス:オート
スーパー耐久2018 第3戦 富士ST24時間/富士スピードウェイ/ダンロップコーナー

 

予選通過 「日没前」 菅原清太(岩手県)


初めての鈴鹿サーキット、初めての鈴鹿8耐。手探りでしたが、1日中レースと撮影を楽しみました。太陽の位置を確認しながら撮影ポイントを考えるのは楽しかったです。雨も降ったけど晴れ間もあって良かった。
キヤノンEOS5D Mark IV  EF500ミリF4L IS II USM マニュアル露出 1/60秒 絞りF11 ISO 50 ホワイトバランス:オート
鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018/鈴鹿サーキット/ヘアピン

 

予選通過 「チャンピオン」 大房哲也(東京都)


チャンピオンを決めたシーンを狙ってみました。
ニコンD5 AF-S ニッコール500ミリF4E FL ED VR マニュアル露出 1/320秒 絞りF4 ISO 10000 ホワイトバランス:オート
鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018/鈴鹿サーキット/ホームストレート

 

予選通過 「L」 吉田和孝(埼玉県)


キヤノンEOS-1DX EF400ミリF2.8L IS II USM + EX EF1.4 III マニュアル露出  1/200秒 絞りF4 ISO 800  ホワイトバランス:オート
SUPER GT 2018 第5戦/富士スピードウェイ/レクサスコーナー

 

予選通過 「push !」 武川卓平(神奈川県)


キヤノンEOS 50D  EF70-200ミリF4L IS USM + EX EF1.4 III シャッター速度優先モード 1/20秒 絞りF14 ISO 100 ホワイトバランス:オート
SUPER FORMULA 2018 第1戦/鈴鹿サーキット/ヘアピン

 

予選通過 「流れる景色」 武川敏和(神奈川県)


車体はブラさず背景は大きく流すシャッター速度での撮影。白トビと黒ツブレを極力抑えたレタッチで作りました。
キヤノンEOS 7D Mark II  シグマ150-600ミリF5-6.3 DG OS HSM Sport シャッター速度優先モード 1/20秒 絞りF16 -1.3補正  ISO 100 ホワイトバランス:太陽光
SUPER GT 2018 第5戦/富士スピードウェイ/アドバンコーナー

 

予選通過 「13コーナー」 森 直隆(東京都)


富士13コーナーをアウト側から撮影したときのゼブラゾーンの見え方が好きで撮影しました。撮影時は曇り空でスローシャッターが切れるかと思ったので、ゼブラゾーンの配置と流れ方がきれいになるように気を配りながら撮影しました。
オリンパスOM-D E-M1 Mark II  M.ZUIKO DIGITAL ED 300ミリF4 IS PRO + 1.4x MC14 マニュアル露出 1/6秒 絞りF8 ISO 64 ホワイトバランス:6700k
SUPER FORMULA 2018 第4戦/富士スピードウェイ/13コーナー

 

予選通過 「チェッカーへ速く。」 小椋貴司(愛知県)


ニコンD810  AF-Sニッコール200-400ミリF4G ED VR II + TC-14E II マニュアル露出  1/40秒 絞りF5.6 ISO 1250 ホワイトバランス:7690k VRオフ 
鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018/鈴鹿サーキット/5コーナー

予選通過 「長い影」 菅野 健(埼玉県)


早朝の朝日を横から受け、長い影を引いて走るシーンがドラマチックで印象的でした。
キヤノンEOS 5D Mark IV EF100-400ミリF4.5-5.6 IS II USM マニュアル露出 1/60秒 絞りF16 ISO 50 ホワイトバランス:オート
スーパー耐久2018 第3戦 富士ST24時間/富士スピードウェイ/TGRコーナー

 

予選通過 「Red all over」 川除 誠(京都府)


2コーナーイン側の「激感エリア」で観客の間を貫きましました。
キヤノンEOS 7D Mark II  EF100-400ミリF4.5-5.6 IS II USM マニュアル露出 1/6秒 絞りF8 ISO 125 ホワイトバランス:オート
鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018/鈴鹿サーキット/2コーナー(激感)

 

予選通過 「Eyes」 鈴木京一(千葉県)


夕方、雨の直後、セーフティーカー退去直後の接近戦。クリアになったバイザーから見えるライダーの「眼」と、それを支えるオートバイの「目」がシンクロしました。
ニコンD7200  シグマAPO 50-500ミリF4.5-6.3 DG OS HSM マニュアル露出 1/400秒 絞りF6.3 ISO 400 ホワイトバランス:オート
鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018/鈴鹿サーキット/130R

 

予選通過 「真夏の陽炎」 鏡 隆行(東京都)


逆バンク内側の「新激感エリア」から撮影。フェンス越しでしたので、金網が写らないよう流しに苦心しました。
ニコンD500  AF-S ニッコール24-120ミリF4G ED VR  シャッター速度優先モード 1/80秒 絞りF14 -0.3補正 ISO 100 ホワイトバランス:オート
鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018/鈴鹿サーキット/逆バンク(激感)

 

予選通過 「若やぐ…」 細井 渉(栃木県)


予選アタックを終え、ピットへ戻るライダーを撮影しました。雨上がりの澄んだ 気によって、森の緑まできれいに写し撮ることができました。
ニコンD4  AI AF-S ニッコール ED 400ミリF2.8D II(IF)+ TC-20E III マニュアル露出 1/320秒 絞りF5.6 ISO 640 ホワイトバランス:5260k
全日本ロード選手権 2018/スポーツランドSUGO/ストレート

 

予選通過 「夕日を受けて」 天野剛俊(静岡県)


500kmレースの終盤はダンロップコーナーと決めていて、今年も斜光を受けたマシンを狙いました。ギラリと光るウィンドウが撮れて良かったです。
ニコンD500 AF-S ニッコール 200-500ミリF5.6E ED VR シャッター速度優先モード  1/500秒 絞りF5.6 ISO 100 ホワイトバランス:オート
SUPER GT 2018 第2戦/富士スピードウェイ/ダンロップコーナー

 

予選通過 「Fire Attack」 遠藤樹弥(兵庫県)


ニコンD7200 AF-S ニッコール 200-500ミリF5.6E ED VR マニュアル露出 1/320秒 絞りF5.6 ISO 250 ホワイトバランス:オート
SUPER GT 2018 第5戦/富士スピードウェイ/コカコーラコーナー

 

予選通過 「無題」 玉井敬二(東京都)


キヤノンEOS 7D Mark II  EF400ミリF2.8L IS II USM + EX EF2 III マニュアル露出  1/400秒 絞りF5.6 ISO 100 ホワイトバランス:オート
鈴鹿8時間耐久ロードレース 2018/鈴鹿サーキット/日立オートモーティブシステムズシケイン

 

予選通過 「接近戦」 清水敏行(東京都)


接近戦をスローシャッターで狙いました。
ニコンD4S  AF-S ニッコール 400ミリF2.8 E FL ED VR マニュアル露出 1/8秒 絞りF10 ISO 100 ホワイトバランス:晴天
SUPER GT 2018 第5戦/富士スピードウェイ/ダンロップコーナー

モータースポーツの流し撮り写真を大募集!

CAPA「流し撮りGP」2018では、皆様からの応募をお待ちしています。審査委員長は、写真家の小林稔さん(日本レース写真家協会(JRPA)会長)です。

応募方法その他の詳細はこちら
https://capa.getnavi.jp/info/capaph/2/

※ご応募される皆様にお願い!
応募票「自由コメント欄の記載」にご協力をお願いいたします。意気込み、楽しい撮影エピソード、苦労苦心のポイントなど、お待ちしております。