ニュース

クラシカルなフォルムで人気のミラーレスがさらに進化「富士フイルムX-T3」

富士フイルムは、新開発のAPS-Cサイズセンサー「X-Trans CMOS 4」を搭載したミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」を2018年9月20日(木)に発売する。カラーバリエーションはシルバー、ブラックの2色。価格はオープンで、参考価格はボディ184,500円(税別)。

FUJIFILM X-T3
レンズキット(シルバー)

 

■Xシリーズ史上最高の解像力

Xシリーズ第4世代となるセンサー「X-Trans CMOS 4」は、2610万画素、ローパスフィルターレスで、シリーズ初となる裏面照射型構造を採用し、S/Nレベルを落とすことなく解像度の向上を実現している。常用感度はISO160となっている(従来は拡張感度)。

FUJIFILM X-T3

 

■画面全体をカバーする像面位相差AF

位相差画素数が現行モデル(X-T2/X-H1)の約4倍となる216万画素に増加。像面位相差AFエリアは画面全体(約100%)に拡大されており、画面中央から離れた位置の被写体でも位相差AFで捉えることができる。また、位相差AFの低照度限界は、従来の−1EVから約2段分拡張された−3EVとなり、光量の少ないシーンや夜間の撮影でも高速な位相差AFでの撮影が可能となっている。

FUJIFILM X-T3

 

■顔/瞳AFのパフォーマンスが大幅に向上

画像処理エンジンは、新プロセッサー「X-Processor 4」を搭載する。「X-Processor 4」の高速処理と位相差演算アルゴリズムの改善によって、AF/AEのサーチを現行モデルの約1.5倍で行い、激しく動き回る被写体でも正確なピント合わせが可能となっている。さらに、動く人物への顔AF性能は約2倍に向上。瞳AFはAF-C、動画撮影時にも対応し、従来は顔検出/瞳AFが難しかった正面顔から横顔まで、しっかりとピント合わせを行うことができる。

 

■フィルムのような温黒調・冷黒調のモノクロ写真に

フィルムシミュレーションには、新機能「モノクロ調整」を搭載する。温黒調・冷黒調をデジタルで忠実に再現することができるもので、通常の「モノクロ」と「ACROS」のモードで使用可能となっている。また、中判ミラーレスカメラ「GFX50S」搭載の「カラークロームエフェクト」を、Xシリーズで初搭載する。彩度が高く階調表現が難しい被写体の撮影で、より深みのある色再現、階調再現を実現する。「カラークロームエフェクト」は、「X-Processor 4」による高速処理により、連写撮影においても使用可能だ。

モノクロ調整

FUJIFILM X-T3
FUJIFILM X-T3

 

■最速30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写

ファインダーは、369万ドットの高倍率・高精細の電子ビューファインダー(EVF)を搭載する。ファインダー倍率は0.75倍で、表示タイムラグは0.005秒、表示フレームレート約100フレーム/秒の滑らかさで、被写体の動きやピント位置を高精度に把握できる。

また、約11コマ/秒でのメカニカルシャッター連写が可能となっている。60フレーム/秒のスムーズなライブビュー映像で被写体を確認しながら1660万画素(1.25倍クロップ)でAF/AEに追従する、最速30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写を実現した。電子シャッター特有のローリング歪みは約半分に低減されている。

 

■スポーツファインダーモードを新搭載

新機能「スポーツファインダーモード」は、画面内に1660万画素(1.25倍クロップ)相当のフレームが表示され、そのフレーム内を撮影するという機能。レンジファインダーカメラのように、被写体が撮影範囲に入る前からその動きを視認できる。通常時よりも短いブラックアウトタイムで撮影することができるため、動きのある被写体の撮影に効果的だ。シャッターボタンを半押しした時から撮影を開始する「プリ撮影」も搭載され、タイムラグによる撮り逃しを防ぐことができるなど、操作性も向上している。

FUJIFILM X-T3

 

■4K/60p動画を撮影可能

動画撮影は4K/60p・4:2:2・10bitのHDMI出力に対応。新たなノイズリダクション処理と新機能「4Kフレーム間NR」の採用により、ISO12800でのノイズが約2段分改善されるなど、動画性能も大幅に向上している。

 

■フィルムカメラを思わせるクラシカルな外観

「X-T3」のデザインや操作性は、従来モデルの「X-T2」を踏襲する。ダイヤルやボタンが大型化されているほか、EVFの視度調整ダイヤルにロック機構を採用するなど、各部の操作性に改善が加えられている。ボディカラーは、特別塗装色であったグラファイトシルバーをよりクラシカルな趣きのシルバーへと変更し、標準色としてラインナップ。フィルムカメラを彷彿とさせる外観となっている。

FUJIFILM X-T3

FUJIFILM X-T3

FUJIFILM X-T3

 

■レンズキット「FUJIFILM X-T3/XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」

標準ズームレンズ「フジノンレンズ XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」が付属するレンズキットも、シルバー、ブラックの2色を用意。キットレンズのカラーは、いずれもブラックとなる。参考価格は234,500円(税別)。

FUJIFILM X-T3

FUJIFILM X-T3

 

■アクセサリー

別売りのアクセサリーとして、防塵・防滴・耐低温−10℃に対応する縦位置バッテリーグリップ「VG-XT3」が用意されている。レリーズボタン、フォーカスレバーをはじめ、コマンドダイヤルやQボタン、Fnボタンなども配置され、横位置撮影時と同様の操作性を実現する。バッテリーを2個装填でき、付属のACアダプター(AC-9VS)を使って、2個のバッテリーを同時に約2時間でフル充電可能。希望小売価格49,400円(税別)。

このほか、カメラに装着したままバッテリー交換が可能な本革製ボトムレザーケース「BLC-XT3」(税別13,100円)、ホールディング性を大きく向上させるハンドグリップ「MHG-XT3」(税別18,100円)、シンクロターミナルカバー/ホットシューカバー/バッテリーグリップ用端子カバーをセットにしたX-T3専用のカバーキット「CVR-XT3」(税別1,500円)、ロック機構を備え、L字変換ケーブルを同梱したリモートレリーズ「RR-100」(税別6,900円)などもラインナップされている。いずれも2018年9月20日(木)発売。

 

■主な仕様

カラー シルバー、ブラック
有効画素数 約2610万画素
撮像素子 23.5mm×15.7mm(APS-Cサイズ)X-Trans CMOSセンサー
マウント FUJIFILM Xマウント
ISO感度 ISO 160〜12800(拡張 ISO 80/100/125/25600/51200)
シャッター速度 [メカニカルシャッター]30~1/8000秒 [電子シャッター]30〜1/32000秒
ファインダー 0.5型 約369万ドット 有機ELファインダー [倍率]0.75倍(アイセンサー付き)
画像モニター 3.0型 約104万ドット 3方向チルト式タッチパネル付きTFTカラー液晶モニター
記録媒体 SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I/II、ビデオスピードクラスV90対応)
サイズ(幅×高さ×奥行き) 132.5×92.8×58.8mm(最薄部奥行き 35.4mm)
質量 約489g(本体のみ)/約539g(バッテリー、メモリーカードを含む)
付属品 充電式バッテリーNP-W126S(リチウムイオンタイプ)、バッテリーチャージャーBC-W126S ほか
 

 

〈文〉柴田 誠