ニュース

優勝は低速1/8秒の流し撮り! 流し撮りGP 2018 第4戦 決勝結果発表

CAPAの連載モータースポーツフォトコンテスト「流し撮りGP 2018」第4戦の結果発表です。優勝は小谷晃さん(千葉県)の「テールライト」が獲得。以下、今月の1~8位入賞作品を紹介します。

CAPA「流し撮りGP」2018第4戦の結果は、CAPA2018年9月号に掲載されています。併せてお楽しみください。

 

GP1位 「テールライト」 小谷晃(千葉県)


ニコンD5 AI AF-S ニッコール ED 600ミリ F4D II(IF) シャッター速度優先モード 1/8秒 絞りF5.6 Kenko NDフィルターPRO ND32使用 ISO 80 ホワイトバランス:オート
SUPER GT 2018 第2戦/富士スピードウェイ/レクサスコーナー

 

GP2位 「羽ばたく応援旗」 阿部貴光(栃木県)


ニコンD810 AF-S ニッコール 24-70ミリF2.8G ED マニュアル露出 1/40秒 絞りF5.6 ND8フィルター使用 ISO感度32 ホワイトバランス:オート
イベント/撮影地/場所:SUPER FORMULA 2018 第4戦/富士スピードウェイ/ストレート

 

GP3位 「VS」 西圭一(大阪府)


キヤノンEOS-1DX Mark II EF400ミリF2.8L IS II USM シャッター速度優先モード 1/8秒 絞りF11  ISO 50
SUPER GT 2018 第1戦/岡山国際サーキット/1コーナー

 

GP4位 「照らされて」 天野剛俊(静岡県)


昨年の発表から楽しみにしていた24時間レース。自分にとっては初めての24時間で、何が撮れるのか未知の世界でした。3月に行なわれたテスト走行の時に、後続車のライトに照らされた姿がカッコ良いと思ったので、狙ってみました。きれいに照らし出された後姿と赤いコーションランプが縁石に長く映えて良かったです。
ニコンD500 AF-S ニッコール 200-500ミリF5.6E ED VR マニュアル露出 1/125秒 絞りF5.6
スーパー耐久2018 第3戦 富士24時間耐久レース/富士スピードウェイ/ダンロップコーナー

 

GP5位 「イロドリ」 山田和宏(岐阜県)


色鮮やかなバックになるよう観客席を流し躍動感のある作品にしました。
キヤノンEOS7D Mark II EF400ミリF2.8L IS USM マニュアル露出 1/25秒 絞りF10 ISO 100
SUPER GT 2018 第3戦/鈴鹿サーキット/ストレート

 

GP6位「チームの勝利」武川敏和(神奈川県)


撮り直しのきかない優勝の瞬間の撮影は、緊張の極みです。加えて出迎えるチームの歓喜が感動を増幅させます。撮影に成功した時には疾走する車の撮影とはまた違った満足感がこみ上げてきます。
キヤノンEOS7D Mark II シグマ150-600ミリF5-6.3 DG OS HSM Sport シャッター速度優先モード 1/500秒 絞りF6.3 + 1.0補正 ISO 1000 ホワイトバランス:太陽光
SUPER GT 2018 第3戦/鈴鹿サーキット/ストレート

 

GP7位「Winner」粕谷洋平(栃木県)


雲が多い週末でしたが、決勝後半にようやく日差しが出始めました。ドライバーにいちばん良い光が入る角度を狙い、レースの勝者となるニック・キャシディ選手が強調されるような仕上げをしてみました。
ニコンD5 AF-S ニッコール 500ミリF4E FL ED VR シャッター速度優先モード 1/100秒 絞りF4  ISO 125 ホワイトバランス:オート
SUPER FORMULA 2018 第4戦/富士スピードウェイ/ダンロップ

 

GP8位 「新進気鋭」 武川卓平(神奈川県)


キヤノンEOS-1D Mark III EF400ミリF5.6L USM マニュアル露出 1/20秒 絞りF14 ISO 50 ホワイトバランス:オート
SUPER FORMULA 2018 第4戦/富士スピードウェイ/TGRコーナー

 

モータースポーツの流し撮り写真を募集中!

CAPA「流し撮りGP」2018では、皆様からの応募をお待ちしています。審査委員長は、日本レース写真家協会(JRPA)会長の小林稔さんです。

 

応募方法その他の詳細はこちら
https://capa.getnavi.jp/info/capaph/2/

※ご応募される皆様にお願い!
応募票「自由コメント欄の記載」にご協力をお願いいたします。意気込み、楽しい撮影エピソード、苦労苦心のポイントなど、お待ちしております。