ニュース

キヤノンから持ち運びできるスマホ専用プリンター「iNSPiC」が新登場

キヤノンは、スマートフォン専用のミニフォトプリンター「iNSPiC PV-123」を2018年9月6日(木)に発売する。価格はオープンで、キヤノンオンラインショップ直販価格は15,880円(税別)。

iNSPiC PV-123

 

カラーバリエーションはピンク、ブルー、ゴールドの3色。

iNSPiC PV-123

 

「iNSPiC」は、一般的なスマートフォンと同じぐらいのコンパクトなサイズのミニフォトプリンター。Bluetooth接続することで、スマートフォンで撮影した画像を名刺よりもやや小さい5×7.6cmの専用紙にプリントにすることができる。

iNSPiC PV-123

スマホから簡単プリント

手軽に持ち運びができるだけでなく、専用アプリ「Canon Mini Print」を使って、3ステップでスマートフォンの画像がすぐにその場でプリントできることから、パーティやイベントで活躍する、これまでにない新しいカテゴリーのプリンターとなる。ちなみに「iNSPiC」は、instant+picture+inspirationから名付けられたもので、感性をその場で写真にするという意味が込められている。

写真を加工して楽しめる

写真には、専用アプリでメッセージやスタンプを加えたり、複数の画像をコラージュしたりすることができる。また、フィルターやフレームの機能も用意されているので、さまざまに加工したオリジナリティのあるプリントを楽しむことができる。

インクカートリッジなしでフルカラープリント

プリントには、キヤノン用に開発された専用のZINKフォトペーパーを使用する。インクカートリッジを使わずにフルカラープリントを実現するZINK社のZero Ink Technology技術を採用したもので、1枚約50秒で印刷が可能。用紙は破れにくく色褪せしにくく、水濡れにも強いという特徴がある。

また、ZINKフォトペーパーは裏面がシールになっている。切って貼ったり、いろいろな場所に貼ったりといったプリントの楽しみ方ができることから、自分の好きな世界をプリントというアナログで表現したいと考える、創作意欲の高い女性に向けて商品開発が進められてきた。

「iNSPiC」用のZINKフォトペーパーは、20枚入り(オープン価格/キヤノンオンラインショップ直販価格 税別900円)と50枚入り(オープン価格/キヤノンオンラインショップ直販価格 税別2,150円)のパックが用意されている。

iNSPiC PV-123

 

キヤノンは2018年4月に米国でミニフォトプリンターIVYの販売を開始し、2019年には100万台を超える市場になると予想。日本国内でも新しい価値やカルチャーを提供するツール「iNSPiC」の投入で、市場の拡大を狙っていく。

 

■主な仕様

[電源]充電式リチウムイオン電池(内蔵)
[用紙サイズ]5×7.6cm
[接続]Bluetooth 4.0
[対応OS]iOS9.0以降、Android4.4以降
[充電時間]約90分(フル充電)
[印刷可能枚数]約20枚(フル充電時)
[サイズ]縦118×横82×高さ19mm
[重さ]160g(内蔵電池を含む)
[付属品]キヤノン用ZINKTMフォトペーパーパック(キヤノン用ZINKTMフォトペーパーパック10枚、キヤノン用ZINKTスマートシート1枚)、充電用USBケーブル ほか

 

 

〈文〉柴田 誠