ニュース

ポケットに入るAPS-Cプレミアムコンデジ「FUJIFILM XF10」

富士フイルムは、レンズ一体型のデジタルカメラ「FUJIFILM XF10」を2018年8月23日(木)から発売する。ボディカラーはシャンパンゴールドとブラックの2色をラインナップ。オープン価格で、市場想定価格は6万円前後(税別)の見込み。

FUJIFILM XF10

「XF10」は、重さ約280gの小型・軽量ボディに、「X-T100」などのミラーレスデジタルカメラで採用されている2424万画素の大型APS-Cサイズセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ。レンズは、フジノン単焦点レンズ18.5mm F2.8を採用する。

このレンズは35mm判換算で約28mm相当の明るい広角レンズで、5群7枚構成(非球面2枚)。レンズ先端から10cmまでの接写が可能となっており、日常のスナップ撮影や旅先での風景撮影、さらには料理や小物の撮影などにも幅広く対応する。

FUJIFILM XF10

片手に収まるコンパクトなボディには、基本的な操作を簡単に行うことができるようにボタンやダイヤルなどが配置されている。

FUJIFILM XF10

背面液晶モニターはタッチパネルを採用。スマートフォンやタブレットと同様に直感的な操作で、快適な操作性を実現する。ファインダーは搭載されていない。

InstagramなどのSNSとの連携が強化されているのも「FUJIFILM XF10」大きな特徴の一つ。背面液晶モニターを指でフリック(画面を右から左に弾くように)することで、Instagramの標準フォーマットになっているスクエア(縦横比1:1)に素早く切り替えることができる「スクエアモード」を新たに搭載。

FUJIFILM XF10


FUJIFILM XF10

また、スマートフォン・タブレット端末向け無料アプリケーション「FUJIFILM Camera Remote」を介することで、事前にペアリング登録した端末に画像を簡単・即時に自動転送することができる。お気に入りの写真を、SNSを通じてその場でシェアすることも簡単にできる。

全11種類の「フィルムシミュレーション」と、新たな「リッチ&ファイン」「モノクロ(近赤外風)」を加えた全19種類の「アドバンストフィルター」により、写真表現は大きく広がるはずだ。発売が待ち遠しいカメラだ。

FUJIFILM XF10

■主な仕様

カラー シャンパンゴールド、ブラック
有効画素数 2424万画素
撮像素子 23.5mm×15.7mm(APS-Cサイズ)正方画素CMOSセンサー
レンズ フジノン単焦点レンズ[焦点距離]18.5mm(35mm判換算 約28mm相当) [絞り]F2.8~F16 [レンズ構成]5群7枚(非球面2枚) [絞り羽根枚数]9枚
ISO感度 ISO200~12800(拡張 ISO100/25600/51200)
シャッター速度 30秒~1/4000秒(メカシャッター)/30秒~1/16000秒(電子シャッター)
撮影可能範囲 約10cm~∞
連写 約6.0コマ/秒(連続記録枚数:JPEGは約13コマ)
画像モニター 3.0型 約104万ドット タッチパネル付きTFTカラー液晶モニター
記録媒体 SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)
サイズ(幅×高さ×奥行き) 112.5×64.4×41.0mm (最薄部 25.9mm)
質量 約241.2g(本体のみ)/約278.9g(バッテリー、メモリーカードを含む)
付属品 充電式バッテリーNP-95(リチウムイオンタイプ)、ACパワーアダプター、プラグアダプター、専用USBケーブル、ハンドストラップ、レンズキャップ ほか

 

 

〈文〉柴田 誠 〈写真〉我妻慶一