ニュース

富士24時間耐久レース作品が続々入賞 CAPA流し撮りGP 2018 第3戦決勝結果発表 

CAPAのモータースポーツフォトコンテスト「流し撮りGP 2018」第3戦の結果発表です。優勝は中村雄紀夫さん(神奈川県)の「真夜中のピットイン」が獲得。以下、1~8位の入賞作品を紹介します。

CAPA「流し撮りGP」2018第3戦の結果は、CAPA2018年8月号に掲載されています。併せてお楽しみください。

 

GP 1位 「真夜中のピットイン」 中村雄紀夫(神奈川県)


24時間耐久レースならでは! このシーンがどうしても撮りたくてネバりました。
ニコンD4S AF-S ニッコール 400ミリF2.8E FL ED VR マニュアル露出 1/20秒 絞りF9 ISO感度:1000 ホワイトバランス:オート
イベント/撮影地/場所:スーパー耐久2018 第3戦 富士24時間耐久レース/富士スピードウェイ/Bピット上

 

GP 2位 「夜明け」 武川卓平(神奈川県)


キヤノンEOS-1D Mark III EF70~200ミリF4L IS USM シャッター速度優先オート 1/60秒 絞りF4 ISO感度:640 ホワイトバランス:オート
イベント/撮影地/場所:スーパー耐久2018 第3戦 富士24時間耐久レース/富士スピードウェイ/トヨペット100R

 

GP 3位 「Morning sun」 森直隆(東京都)


日曜日の早朝、レクサスコーナーで撮影していて、ふとメインスタンドを見てみると、朝日がスタンドを照らしとてもきれいでした。そんな中を猛スピードで駆け抜けていくGT-Rをスローシャッターで撮影しました。
オリンパスOM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 300ミリF4 IS PRO + MC-14 マニュアル露出 1/10秒 絞りF9 ISO感度:64 ホワイトバランス:6500K
イベント/撮影地/場所:スーパー耐久2018 第3戦 富士24時間耐久レース/富士スピードウェイ/ストレート

 

GP 4位 「In the forest」 粕谷洋平(栃木県)


同日開催の富士24時間耐久レースとどちらを撮るか迷いましたが、昨2017年の流し撮りGPで1位をいただいたイベントとして思い入れのあるトライアル日本GPの撮影に行ってきました。決められたラインを周回するレースと違い撮影は難しいですが、そのぶん狙い通りの1枚が撮れたときの喜びは格別です。
ニコンD5 AF-S ニッコール 24~120ミリF4G ED VR シャッター速度優先オート 1/40秒 絞りF11 ISO感度:100 ホワイトバランス:オート
イベント/撮影地/場所:トライアル日本GP/ツインリンクもてぎ

 

GP 5位 「光を斬る」 鈴木京一(千葉県)


ニコンD7200 シグマAPO 50~500ミリF4.5-6.3 DG OS HSM マニュアル露出 1/13秒 絞りF5.6 ISO感度:640 ホワイトバランス:日陰
イベント/撮影地/場所:スーパー耐久2018 第3戦 富士24時間耐久レース/富士スピードウェイ/ストレート

 

GP 6位 「光と闇」 武川敏和(神奈川県)


キヤノンEOS7D Mark II シグマ150~600ミリF5-6.3 DG OS HSM Sport シャッター速度優先オート 1/160秒 絞りF6.3 ―4.7補正 ISO感度:4000 ホワイトバランス:太陽光
イベント/撮影地/場所:スーパー耐久2018  第3戦 富士24時間耐久レース/富士スピードウェイ/アドバンコーナー

 

GP 7位 「SUNRISE」 菅野健 (埼玉県)


長年撮影したいと念願であった日の出とマシンのコラボ写真。富士24時間耐久レースで撮影の機会に恵まれたのでチャレンジ。良いお天気に恵まれて良い瞬間を捉えられました。
キヤノンEOS5D Mark IV EF100~400ミリF4.5-5.6 IS II USM マニュアル露出 1/125秒 絞りF18 ISO感度:50 ホワイトバランス:オート
イベント/撮影地/場所:スーパー耐久2018  第3戦 富士24時間耐久レース/富士スピードウェイ/TGRコーナー

 

GP 8位 「夕暮れ」 大房哲也(東京都)


マシンに夕日が映り込んだ瞬間を狙いました。
ニコンD500 AF-S ニッコール 80~400ミリF4.5-5.6G ED VR マニュアル露出 1/15秒 絞りF8 ISO感度:100 ホワイトバランス:オート
イベント/撮影地/場所:SUPER GT 2018  第2
/富士スピードウェイ/ダンロップコーナー

 

モータースポーツの流し撮り写真を募集中!

CAPA「流し撮りGP」2018では、皆様からのフォトコン応募をお待ちしています。審査委員長は、日本レース写真家協会(JRPA)会長の小林稔さんです。

応募方法その他の詳細はこちら
https://capa.getnavi.jp/info/capaph/2/

※ご応募される皆様にお願い!
応募票「自由コメント欄の記載」にご協力をお願いいたします。意気込み、楽しい撮影エピソード、苦労苦心のポイントなど、お待ちしております。