ニュース

ペンタックスの新世代高性能50mmF1.4レンズが、この夏いよいよ発売!

リコー、リコーイメージングは、フルサイズに対応するペンタックス★(スター)シリーズの大口径標準レンズ「HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW」を2018年7月20日(金)に発売することを発表した。希望小売価格は170,000円(税別)。

HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW

Kマウントデジタル一眼レフカメラ用レンズシリーズの中で、最も高い描写性能を追求しただけでなく、将来的なカメラボディの進化にも対応する新世代の高性能スターレンズとして開発されている。しかも新世代スターレンズの第1弾であることから、対応する新しいカメラの開発発表が大いに期待されるレンズの登場といえる。

 

フード装着時

HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW

 

■新世代の高性能レンズ

「HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW」は、これまでの規格を大幅に見直し、理想の画質を目指して諸収差を極限まで補正するなど、さらなる高画質を追求した新スターレンズ。開放F値が1.4と極めて明るく、背景のボケ味を生かしポートレート撮影や室内での手持ち撮影など、幅広い撮影に適した大口径標準レンズだ。

 

■最新の光学性能

絞り開放で、画面中心から周辺部まで高い解像力が得られるのはもちろん、優れた低反射特性を実現した独自開発のナノテクノロジー「エアロ・ブライト・コーティングII」や高性能マルチコーティング「HDコーティング」など、独自のレンズコーティング技術を駆使することで、逆光でもゴーストやフレアーの発生が抑えられ、クリアでコントラストの高い像が得られるよう設計されている。

さらに、被写体までの距離約1mで歪曲収差をほぼゼロにまで補正し、無限遠から最短撮影距離まで全域で歪みの少ない、すっきりとした描写が可能となっている。

 

■安心の防塵・防滴構造

全体の8か所にシーリングを施し、レンズ内部に水滴やホコリなどが入りにくい防塵・防滴構造を採用。雨や霧の中、水しぶきのかかる場所などでの耐久性、信頼性も高められている。

 

■新開発のリング型SDM超音波モーター

オートフォーカス駆動には、新開発のリング型SDMの超音波モーターを採用。従来比約7.5倍のトルクを発揮し、滑らかな作動を実現する。
※DA★レンズのSDMに採用しているモーターとの比較。
リング型SDM超音波モーター

 

CP+2018に参考出展された「HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW」

HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW

 

なお、このレンズは2017年10月に開発発表されたもの。同時に発表され、2018年夏ごろを発売予定としていた「HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW(仮称)」は、新世代のスターレンズにふさわしい高性能、高品質を実現するために時間が必要ということから、発売時期が2019年に変更となった。

HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW(仮称)

HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW(仮称)

 

■主な仕様

マウント ペンタックスKAF4マウント
焦点距離 50mm(ペンタックスAPS-Cサイズ一眼レフカメラ装着時は35mm判換算 76.5mm相当)
開放絞り F1.4
最小絞り F16
レンズ構成 9群15枚(異常低分散ガラス3枚、非球面レンズ1枚)
画角(水平/垂直/対角線) 47.0°(ペンタックス35mm判一眼レフカメラ装着時)/ 31.5゜(ペンタックスAPS-C一眼レフカメラ装着時)
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.4m
最大撮影倍率 0.18倍
フィルター径 φ72mm
サイズ(最大径×長さ) 約φ80×106mm
質量 約910g(フード装着時 約955g)
付属品 フード、レンズキャップ、レンズマウントキャップ、レンズケース

 

 

〈文〉柴田 誠