ニュース

見て触って体験するミュージアムがお台場にオープン! 雨の日デートにも最適!

2018年6月21日(木)、東京・お台場にデジタルアートミュージアム「EPSON teamLab Borderless(エプソン チームラボ ボーダレス)」がオープンする。10,000㎡の施設面積に、「境界のないアートでできた世界を自らの身体を使って探索し、他者と一緒に新しい体験を創り出していく」という、ウルトラテクノロジスト集団・チームラボと森ビルによる施設だ。

チームラボが創り出したいくつものアートは部屋から出て移動し始め、他の作品とコミュニケーションし、他の作品と境界がなく、時には混ざり合う。まさにボーダーレスだ。ちなみにこの幻想的な空間は、コンピュータープログラムによってリアルタイムで描かれ続けており、エプソンのプロジェクター470台と、マウスコンピューターのパソコン520台がサポートしている。

ちょっとよくわからないという人のために、オープンに先がけてプレス向けに公開された内部を紹介しよう!

 

EPSON teamLab Borderless
「EPSON teamLab Borderless」は、お台場・パレットタウン大観覧車乗り場の先にある。

 

薄暗いエントランスを抜けると、最初に飛び込んでくる空間に展開されているのは一面の花々。空間には複数の季節が同時に存在し、それらがゆっくりと移り変わっていく。花にあふれた空間には蝶が舞い、蝶に触れると花びらに変わってハラハラと舞い落ちる。作品同士、鑑賞者の干渉などを受けながら刻々と変容し続ける。

EPSON teamLab Borderless

 

光の線の集合による空間の再構成、立体物の構築がテーマの空間。さまざまに変化する光の線が、ステージでスポットライトを浴びているかのような興奮を覚える。

EPSON teamLab Borderless

 

通路にはゾウが歩いている。

EPSON teamLab Borderless

 

滝が降り注ぐ岩の上で握手するのは、佐伯直幸エプソン販売株式会社社長(左)と猪子寿之チームラボ代表(右)。

EPSON teamLab Borderless

 

重力に逆らったような動きをするさまざまな光の物体によって、立体的に埋め尽くされた空間。光の物体はそれぞれ自立していて、ゆっくりと呼吸しているかのように揺れ動き、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。近隣の物体は呼応して、同じ光の色に変化して音色を響かせるため、次々にそのまわりの物体も連続的に呼応していくことから、同じ空間にいる他の人の存在が感じられる空間になっている。

EPSON teamLab Borderless

 

「お絵かき水族館」では、紙に描いた海の生物の絵が、目の前の巨大な水族館で泳ぎ出す。泳いでいる生物たちには触れることもでき、エサ袋に触ることで魚にエサをあげることもできる。クラゲはゆらゆらと、魚やカメは結構すばやく動く。

EPSON teamLab Borderless

 

すべり台を滑ってボールにぶつかると、ボールは勢いよく飛んでいく。飛んだボールが種や花など植物にあたっていくことで、植物が育っていくというもの。水色(水)のボールが当たると、種は芽を出し、つぼみをつけ、花を咲かせる。また黄色(ミツバチ)のボールは、花に当たって受粉してフルーツになる。フルーツにボールが当たると、新たな種がまかれて、次の命へとつながっていく。

EPSON teamLab Borderless

 

館内にあるティーハウス「EN TEA HOUSE」では、茶碗の中に花々が生まれ咲いていく。メニューは水出し緑茶、ゆず緑茶、緑茶、カモミールほうじ茶ラテの4種類。茶碗を手に取って動かすと花は散り、花びらは茶碗の外へと広がっていく。茶碗の中にお茶がある限り花々は咲き続け、茶碗の中の茶の面の大きさに合わせて、生まれる花の大きさも変わっていく。今月はアジサイなど初夏の花が咲いていたが、季節に合わせた花々が咲いていくのだそうだ。

EPSON teamLab Borderless

 

高低差のある斜面で創られた立体的な大空間に、みんなが描いたさまざまな生きものたちが生息する世界を表現した空間。空間に立つとまわりに花が咲き、歩くと花が散るだけでなく、動物に近づくと、こちらに気づいて動き出す。また動物たちは、ほかの動物を食べたり食べられたりしながら生態系をつくっていて、追いかけたり、追いかけられたりしている。

EPSON teamLab Borderless

 

悠久な里山の景色をイメージした空間。季節の流れとともに、花々や昆虫などが変化する。初夏には蛍も出現する。

EPSON teamLab Borderless

 

無数のランプで埋め尽くされたランプの森。人がランプの近くで立ち止まっていると最も近いランプが強く輝き音色を響かせる。そのランプの光と音色は、最も近い2つのランプに次々と伝播していく。また伝播していく光が、ほかの人が起点となった光と出会って通り抜ける時、それぞれの光が合わさって輝き、そこに長く残っていく。同じ空間にいる人々の存在を感じることのできる不思議な空間だ。

EPSON teamLab Borderless

 

ミュージアム内はストロボを使わなければ自由に撮影することができる。SNS映えする空間だけに、注目のスポットになることは間違いないだろう。

 

EPSON teamLab Borderless

 

EPSON teamLab Borderless(エプソン チームラボ ボーダレス)

オープン日 2018年6月21日(木)
住所 東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン
営業時間
月曜~木曜 11:00〜19:00(21:00)
金曜・祝前日 11:00〜21:00(22:00)
土曜 10:00〜21:00(22:00)
日曜・祝日 10:00〜19:00(20:00)
※入館は閉館1時間前まで。カッコ内は2018年8月末までの特別延長時間。営業時間はシーズンにより異なる。
休館日 第2・第4火曜
アクセス
りんかい線 東京テレポート駅から徒歩5分
新交通ゆりかもめ 青海駅から徒歩5分
料金
<通常チケット>
高校生以上(15才〜)3,200円 中学生以下(4〜14才)1,000円
<オープン記念チケット(2018年7月末まで)>
高校生以上(15才〜)2,400円 中学生以下(4〜14才)1,000円
※チケットはオフィシャルサイト、各種プレイガイド、現地券売機で購入可。
※オープン記念チケットは2018年7月末までの日付指定。なくなりしだい終了。

 

 

〈写真・文〉柴田 誠