ニュース

シグマ「24mm F1.4 DG HSM」「35mm F1.4 DG HSM」ソニーEマウント用の発売日決定

シグマが、大口径レンズ「SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art」「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art」ソニーEマウント用の発売日を発表した。いずれも2018年6月14日(木)発売となる。

SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art
「SIGMA 24mm F1.4 DG HSM | Art」は、ピントの合ったところの解像度を追求しながら、ボケ描写にも配慮した設計。サジタルコマフレア(点光源の像が一点に集まらず尾を引いたような形ににじむ収差)を良好に補正するため、星景や夜景の撮影にも適している。希望小売価格は127,000円(税別)。ケース、花形フード付属。

 

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art
「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art」は、シグマが3つのプロダクトラインArt/Sports/Contemporaryを発表した2012年に、Artラインの第1弾レンズとして登場した。高水準の芸術的表現に応える描写性能をコンセプトとするArtラインを代表する1本だ。希望小売価格は118,000円(税別)。ケース、花形フード付属。

 

シグマは2018年2月に、現在発売しているフルサイズ対応の単焦点Artラインレンズ7本「14mm F1.8 DG HSM」「20mm F1.4 DG HSM」「24mm F1.4 DG HSM」「35mm F1.4 DG HSM」「24mm F1.4 DG HSM」「35mm F1.4 DG HSM」「135mm F1.8 DG HSM」にソニーEマウント用を追加し、順次発売することを発表した。

光学設計はそのままにソニーEマウントに最適化し、ソニー製カメラのボディ内手ブレ補正や、ボディ内収差補正機能のレンズ補正(周辺光量補正、倍率色収差補正、歪曲収差補正)に対応。従来のマウントコンバーター「MC-11」では対応できなかったAF-CモードやAFスピードの高速化も実現する。

なお、他マウントの24mmと35mmからソニーEマウントへのマウント交換サービスは、2018年6月14日(木)開始予定。