ニュース

キヤノン EOS-1D X Mark II と EOS 5D Mark IV の最新ファームウェア公開

キヤノンが、デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X Mark II」「EOS 5D Mark IV」の最新ファームウェアを2018年4月3日(火)に公開した。「EOS-1D X Mark II」は不具合改善、「EOS 5D Mark IV」はTS-Eレンズへの対応などが盛り込まれている。

 

EOS-1D X Mark II ファームウェア Version 1.1.6

EOS-1D X Mark II

■変更内容
カメラ液晶モニターと外部モニター(HDMI出力映像)の同時表示で、正常に動作しないことがある現象を修正。

ダウンロードはこちらから。

 

EOS 5D Mark IV ファームウェア Version 1.1.2

EOS 5D Mark IV

■変更内容
■変更内容

  • TTS-Eレンズ(TS-E17mm F4L / TS-E24mm F3.5L II / TS-E50mm F2.8Lマクロ / TS-E90mm F2.8Lマクロ / TS-E135mm F4Lマクロ)を使用して撮影したRAW画像に対して、Digital Photo Professional(DPP)を使用して色収差補正、周辺光量補正、歪曲補正、デジタルレンズオプティマイザの対応が可能に。
  • TS-Eレンズ(TS-E50mm F2.8Lマクロ / TS-E90mm F2.8Lマクロ / TS-E135mm F4Lマクロ)を使用してのLVソフト撮影が可能に。(標準露出にならなかったり、露出ムラが発生する現象を補正)
  • Exif 2.31に対応。
  • ハイフレームレート動画+カメラコネクトの撮影で、正常に動作しないことがある現象を修正。
  • Canon Log 対応カメラで、動画HDRモード+PCライブビュー撮影した際にエラー80となることがある現象を修正。

ダウンロードはこちらから。