ニュース

キャリブレーションセンサー内蔵の31.1型カラーマネージメント4K液晶モニター「ColorEdge CG319X」

カラーマネージメントに対応するEIZOの31.1型4K液晶モニター「ColorEdge CG319X」が、2018年5月23日(水)に発売される。HDR映像制作向けだが、キャリブレーションセンサーを内蔵し、4K解像度が必要なフォトグラファーも活用できる。価格はオープンで、EIZOダイレクト直販価格は594,000円(税込)。

ColorEdge CG319X
Adobe RGBカバー率99%の広色域表示が可能。1500:1の高コントラスト比で深い黒色を再現する。デジタルシネマに用いられるDCI-P3は98%をカバー。映像制作向けのPQ方式、Hybrid Log Gamma方式など、さまざまな規格に対応したガンマ設定が可能。

 

ColorEdge CG319X
測定精度の高い新型キャリブレーションセンサーを内蔵し、経年変化による表示のズレを正しく再調整。AI(人工知能)により安定した表示を維持することができる。付属の専用ソフトウェア「ColorNavigator 6/NX」を使用して、目的に合った最適な表示に調整することも可能。

内蔵センサーが定期的に自動で再調整を実行する「セルフキャリブレーション」機能は、再調整中もモニター画面が暗転しないため、作業をしながらセルフキャリブレーションを実行できる。

 

ColorEdge CG319X
セルフキャリブレーション時の画面。画面上部にカラーパッチ、右下に調整中ウィンドウが表示される。

 

ColorEdge CG319X
>組立不要で簡単に取り付けできるマグネット式遮光フードが付属する。スタンドは耐震性に優れ、ワンタッチで取り外し可能。静かな環境で作業に集中できるように、換気用のファンがない設計になっている。

入力系統はHDMI端子、DisplayPort端子を各2系統搭載。いずれもケーブル1本でDCI 4K(4096×2160)/60p入力に対応する。

 

■主な仕様
サイズ 31.1型
推奨解像度 4096×2160(アスペクト比17:9)
表示領域 698.0×368.1mm
画素密度 149ppi
表示色 約10億7374万色 ※10-bit対応(24-bit LUT)
視野角(標準値) 水平178°/ 垂直178°
輝度(標準値) 350cd/m2
コントラスト比(標準値) 1500:1
色域(標準値) Adobe RGBカバー率 99%、DCI-P3カバー率 98%
入力端子 DisplayPort×2(HDCP対応)、HDMI×2(HDCP対応/Deep Color対応)
USB USB 3.0 モニターコントロール用×1、USBハブ×3(1系統はバッテリーチャージに対応)
サイズ(幅×高さ×奥行き) 735×434〜588×290mm
質量 約12.4kg / フード装着時 約13.3 kg
付属品 2芯アダプタ付電源コード(2m)、USBケーブル(2m)、調整データシート、ScreenCleaner、遮光フード