撮影地ガイド

隠岐・知夫里島の「赤壁」

知夫里島の南西部に位置し、国の天然記念物に指定されている「赤壁(セキヘキ)」は「あかだき」とも呼ばれる。断崖の高さは50~200メートルあり、鉄分を含んだ玄武岩や凝灰岩でできている。この絶壁の色は赤・黄・茶色。夕日に照らされると、より赤みを増して美しい。サンセット遊覧船(要予約)もあり、海から眺めることができる。島には展望所もあるが、車道は狭くすれ違いが困難。車を停めてから10分ほど歩く。(秦 達夫
キヤノンEOS 5D MarkⅢ EF24〜70ミリ2.8L Ⅱ USM 絞り優先オート F11 1/125秒 ISO400 WB:太陽光

2018/8/7 13:31

撮影地のマップ

おすすめのタグから探す