撮影地ガイド

おすすめのタグから探す

写真から探す

ターミナルビル屋上に設置された展望デッキ「スマイルテラス」。ワイヤーフェンスは手前に張り出す手すりなどもなく、ワイヤーの間隔も広めで撮影しやすい。視程(水平方向の見通し)の良い日には北側に仙台市街地を見ることができるほか…

ターミナルビル4Fにある展望デッキ。12月から3月の冬期期間は閉鎖されている。ランウェイ19R/Lエンドの近くにあるため、ランウェイ19運用の際はこれから離陸する機体と着陸してきた機体を絡めることが可能。ランウェイ01か…

新千歳空港の東側にあるヒコーキ撮影ファンから通称「生コンポイント」と呼ばれる場所。国道36号線から新千歳モーターランドへの道を入って行き、行き止まり部分が撮影ポイントとなる。午前中が滑走路上の機体に対して順光。天気も視程…

ターミナルビル屋上階に設置された展望デッキ。北側には神戸の街並みや六甲山、南側を見ればヒコーキの駐機シーンや離着陸する姿を見ることができる。西側には淡路島や明石海峡大橋の姿があり、視程(水平方向の見通し)が良い日は東側に…

関西国際空港を一望できる展望デッキ。ターミナルビルからは離れているので注意が必要となる。ヒコーキグッズの販売店であるスカイショップタウン、空港やヒコーキについついて学べるスカイミュージアムのあるビル屋上に設置。洋上に配置…

空港北側にある猪名川の土手。北側の空港制限区域内に沿うように流れるため、土手の上の遊歩道から空港を一望できる。A/Bどちらの滑走路も正面気味に見ることができ、大阪の市街地や空港ビルや管制塔を背景にしたヒコーキの離着陸シー…

伊丹空港の北側に設置された公園。展望デッキなどもありのんびりとヒコーキ撮影を楽しむことができる。ふたつの公園を併記しているが、ほぼ同じ場所にあるため言われなければふたつの公園があることに気づかないというレベル。短いほうの…

スカイパーク伊丹と並んで伊丹空港のB滑走路に沿って設置されている場所。こちらのほうがややB滑走路のランウェイ32Lエンド寄りに設置されている。伊丹空港はランウェイ32が優先的に使用されるが、ランウェイ32Lアプローチ機の…

ヒコーキ撮影ファンの間で「聖地」と呼ばれるほど撮影ポイントの豊富な伊丹空港だが、その中でもとりわけ撮影自由度の高い公園がここ。長大で中〜大型機が主に利用するB滑走路に沿うように設置されている。タキシーウェイなどを挟まずB…

伊丹空港のB滑走路、ランウェイ32Lエンドにある土手。制限区域外で大型ジェット機の着陸をこれほど間近に見られる場所も珍しい。滑走路をまたいで東西に容易に立ち位置を変えられるため、日中は機体に対して終日順光で撮影可能。広角…

2018年4月にリニューアルされた展望デッキ。広々として開放感のある場所なので立ち位置も自由に選べる。スポットに駐機する機体やタキシングする機体、A/Bどちらの滑走路を使用する機体も撮影することが可能。滑走路を離発着する…

成田空港のA滑走路南側にある施設。航空関係の博物館として多くの来場者を集める場所だが、駐車場や展望台などでヒコーキ撮影ができる。北寄りの風が吹くときに運用されるランウェイ34L使用時には着陸機を、南寄りの風が吹くときに運…