撮影地ガイド

おすすめのタグから探す

写真から探す

有名な煙火店の、質のよい花火が次々に上がる赤川の花火。特に、ワイドスターマインは圧巻である。丁寧なアナウンスがあるので、次の花火に備えて露出の微調整ができる。超広角レンズを持って行ったほうがよい。(金武 武) ●開催日/…

打上台船2 隻と岩場の計3か所が打上場所になっている。岩場に直接花火を置いて点火する鬼ヶ城大仕掛け花火、千輪菊一斉打ち、また三尺玉海上自爆と名付けられた世界最大級の水上花火など見どころがたくさんある。(金武 武) ●開催…

ナイアガラ、スターマイン、尺玉と見応えアリ。クライマックスの「Kiss of Fire」は、水上花火が湖面の両サイドから中央に向かって徐々に開花する。水上花火が中央に集まってくると、上空でも花火が開花する大迫力の演出。(…

広大なゴルフ場に花火の筒が設置される古河花火大会。明るい時間にメインの観覧席に入ると筒場の様子が見られるので、撮影のプランを立てるのに役立つ。ワイドスターマインを撮るには超広角レンズが必要だ。(金武 武) ●開催日/20…

長岡まつり大花火大会の見どころの一つは、三尺玉が打ち上がること。右の三尺玉の写真中には、7号玉と尺玉も写っている。三尺玉は直径約650メートル、いかに大きいかわかるだろう。ぜひ挑戦したい花火写真だ。(金武 武) ●開催日…

エンディングのワイドスターマインは大迫力。激しく打ち上がるので、シャッターを開けている時間は短くても十分。2 秒以内で撮れることもある。構図の中にバランスよく花火が開いたと感じたらシャッターを閉じる。広角必須。(金武 武…

梅雨明け最初の花火大会が、足立の花火だ。都内で開催される夏の花火としてはいちばん早いといわれている。打ち上げサイズは4号玉が中心だが、至近距離で観覧&撮影できるので迫力はスゴい。北千住側のメイン会場で撮影するならば、広角…

7月20日ごろ、ニッコウキスゲの黄色い花が霧ヶ峰高原を埋め尽くすように咲く。高原らしい起伏が見られる車山肩、富士山や八ヶ岳の眺望がよい富士見台がオススメ。近年は鹿の食害により、花は数を減らしているが、鹿除けの柵内では以前…

妙高山と黒姫山の間を流れる関川にある苗名滝は、柱状節理の岩壁にかかる高さ55メートルの迫力ある滝だ。豊かな水量を誇り、滝に近づくと水しぶきが飛んでくる。天気がよければ青空と共に狙え、曇天や雨天なら緑の木々を前景にしてしっ…

奥入瀬渓流の本流にかかる唯一の滝が銚子大滝。この滝に阻まれて魚が遡上できなかったため、十和田湖には魚が生息していなかったと言われている。通常は水量が少ないため、雨で増水したときが狙い目。しかし、水が濁ると雰囲気が損なわれ…

9月に入ると戸隠高原の各所でソバの花を見ることができる。特に「戸隠展望苑」は戸隠山を望むビュースポットであり、駐車場も整備されて訪れやすい。適度な傾斜があり、広角レンズで広がりのある景観を撮れる。午後は逆光になるため、撮…

「富士見高原 花の里」は「ユリの里」として知られていたが、2013年からはナノハナ、百日草、コスモスなど、季節の花を楽しめるようになった。高原らしい爽やかさが感じられる「白樺エリア」が一番のオススメ。夏はニッコウキスゲや…