撮影地ガイド

おすすめのタグから探す

写真から探す

奥日光では、6月下旬に鮮やかなクリンソウ(九輪草)の花が咲く。群落として有名なのは千手ヶ浜のクリンソウ群生地。戦場ヶ原近くの赤沼自然情報センターの脇にある赤沼バス停から低公害バスに乗れば、千手ヶ浜まで行くことができる。奥…

美ヶ原のやや外れた場所にある白樺平。道路沿いには美しいシラカバ林があり、6月下旬には林間にレンゲツツジが咲く。晴れた日も美しいが、雨の日や曇りの日などには霧が出るため、霧に煙ったシラカバ林とツツジの風景も美しい。道路沿い…

八幡平アスピーテラインを走ると、大きな駐車場のある八幡平ビジターセンターがある。その向かいが大沼だ。標高944メートルにある大沼は八幡平でもっとも大きな沼。湖畔には6月下旬にツツジが咲き、7月に入るとワタスゲが咲く。道路…

鳥海山の山麓にある岩肌から水が湧き出す潜流瀑。最寄りの駐車場から遊歩道を10分ほど歩けば、滝の眼の前まで行ける。滝は幅約30メートルの岩肌一帯から、水がいく筋にも分かれて流れ落ちる。滝の周辺は足場が比較的よく、じっくりと…

裏磐梯を代表する観光地である五色沼。表情の異なる沼が深い森に点在し、散策路を歩きながら沼を巡る。全長約3.6キロの散策路両端に駐車場とバス停があり、一方の駐車場に車を置き、散策路を歩いたあと、反対側の入り口からバスで車を…

雄物川の支流、玉川の源流域にある抱返り渓谷。川の水はエメラルドグリーンで美しい。木が生い茂り、散策路からの展望はあまりよくないので、注意深くポイントを探そう。雨でも岩や草木が艶やかでキレイだ。駐車場から渓谷沿いの散策路を…

群馬県と長野県の県境にある渋峠。紅葉や雪の時期も魅力的な場所だが、夏の緑が生い茂る季節もいい。国道の標高最高地点2172メートルの場所まで車で行くことができ、真夏でも涼しく、快適に撮影を楽しめる。長野県側の志賀高原側でも…

八ヶ岳の中腹、標高2000メートルを越える高地にある白駒池周辺は、貴重な苔や鬱蒼とした原生林が残る場所。国道299号線沿いの白駒池駐車場から白駒池に向かう道沿いや池周辺の散策路で苔むした原生林の姿を見ることができる。梅雨…

富岡市の丹生湖近くの高台にヒマワリ畑があり、例年8月初旬に見ごろとなる。この撮影地の魅力は、妙義山に沈む夕日と共にヒマワリ畑を撮影できることだ。明暗差が強いため、ハーフNDフィルターを使用するか、カメラのHDR機能を活用…

奄美大島にある宇検村役場の裏を流れる湯湾川は、オオタニワタリが茂る奄美らしい渓流風景を楽しめる。葉や岩が雨に濡れると亜熱帯らしい湿潤な雰囲気を生かしやすい。PLフィルターで反射を取りすぎないように注意したい。また、ハブに…

四万十川の支流、目黒川の最上流部にある滑床渓谷は、落差80メートルの「雪輪の滝」や「千畳敷」など、見どころが多い。中でも渓谷らしい風景を見せてくれるのが写真の「S字峡」だ。穏やかな水面に木々の緑が映り込むこのスポットまで…

2日間にわたって開催される奉納煙火。そのほとんどが尺玉で、1発1発奉納者の思いを込めて丁寧に打ち上げられる。世界最大級の四尺玉を9日と10日に1発ずつ、計2発打ち上げる。会場の女性アナウンスも魅力。(金武 武) ●開催日…