撮影地ガイド

おすすめのタグから探す

写真から探す

最上川は、山形県と福島県の県境付近に端を発し山形県中央部を北に流れ、新庄市からは西に流れを変えて日本海へと注ぐ。この西向きに流れる一帯は最上峡と呼ばれ、松尾芭蕉が「五月雨を集めて早し最上川」と謳ったように流れが速く、ライ…

新庄駅と余目駅を結ぶ陸羽西線は、最上川に沿うように走るローカル路線だ。途中津谷駅~清川駅の間は車窓に最上川を望むほど近くを走るので、走行写真を撮るのもこの区間がオススメだ。写真は、古口駅~高屋駅の間の跨線橋から最上川バッ…

東京都日野市にある多摩動物公園は4つのエリアからなり、その一つが昆虫園になる。昆虫園にある昆虫生態園(温室)の中では、一年を通して色とりどりの約2000頭のチョウが宙を舞うほか、熱帯地方を中心とするバッタなどが放し飼いに…

東日本一のウメの産地である群馬県高崎市。箕郷梅林は、榛名梅林、秋間梅林とともに「群馬三大梅林」と呼ばれている。榛名山の南東山麓の扇状地に位置することから関東平野を一望し、開花時期の2月下旬~3月中旬にかけて、辺り一帯の斜…

小田原市の東部にある不動山山麓の斜面地に広がる別所、原、中河原の3つの梅林からなる曽我梅林。箱根、丹沢、そして遠くは富士山をバックに、約3万5千本のウメが一世に咲き誇る。開花時期は2月中旬~3月上旬ころ。梅林は、不動山の…

ロボットアニメのキャラクターを彷彿とさせるデザインが特徴の南海電車の特急「ラピート」。関西空港へのアクセス列車として活躍し、デビューからたいぶ経った今でもそのデザイン性の高さはくすんでいない。そんなラピートをS字カーブで…

九州最大で、阿蘇の雄大な自然の中に位置する景色の美しいサーキット。標高が高く天候に悩まされることが多いが、良い季節の晴天は非常に気持ちが良い。サーキットに向かう道中の山道も楽しい。観客席からの撮影には少々苦労するが、1コ…

関西圏、中国地方から足を運びやすい、岡山県は美作地方に位置するサーキット。全日本クラスのレースが行なわれ、西日本のモータースポーツの中心的は場所。レースだけではなく、温暖な気候から、シーズンオフのテスト走行が行なわれるこ…

富士スピードウェイ同様、日本で最も知名度のあるサーキットの一つ。コーナーのバラエティーに富み、レーシングドライバーも「世界で一番攻め甲斐のあるサーキット」と口を揃える。撮影者にもチャレンジングなコースで観客席から撮影でき…

鈴鹿サーキットと並び、日本で最も有名なサーキットの一つ。霊峰富士の麓に位置し、世界でも類を見ない1.5キロメートルのメインストレートを持つハイスピードコース。首都圏からも程よい距離になり、全日本クラスの人気レースが年に複…

首都圏から最も近いサーキット。全長2キロメートルとコンパクトなコース。かつては4輪の全日本クラスのレースも行なわれていたが、現在はビックレースは2輪に限られる。コースと観客席の距離が近いのが嬉しい。特に第一ヘアピンはフェ…

オーバルコースとロードコース、二つのコースを持つサーキット。かつてはオーバルコースでインディカーレースが行なわれていたが、今ではロードコースのみが使用されている。比較的平坦なレイアウトでコースを見下ろすように観客席が造ら…