撮影地ガイド

おすすめのタグから探す

写真から探す

小国町の山中を流れる落差約10メートル、幅20メートルほどの鍋ヶ滝。横長の女性的な姿が印象的で、苔むした岩や周囲の木々との調和が見事だ。裏見の滝としても知られていて、滝の裏側に入ると水のカーテン越しに下流の風景を眺められ…

天岩戸伝説など数々の神話が残る高千穂地域。その中にある高千穂峡は阿蘇山の火山活動によって形成された峡谷で、高さ数十メートルにもおよぶ断崖が続いている。直接川に流れ落ちる真名井の滝は、観光スポットとして全国的にも有名だ。水…

沖縄本島の最北端に位置する辺戸岬からは、大海原に朝日が昇る様子を撮影できる。日が高く昇るにつれて海の青さが際立ち、サンゴ礁が連なる美しい風景が眼下に広がる。海の鮮やかな色を引き出すためのPLフィルターは必需品だ。那覇中心…

約2キロにわたって高さ30メートルほどの断崖が連なる残波岬。駐車場から整備された遊歩道をしばらく進むと、岬の先端部にある残波岬灯台に到着する。ここからの眺めは素晴らしく、夕方には南国特有の色鮮やかな落日風景を撮影できる。…

砂岩と泥岩の地層によって生み出された竜串海岸。巨大な竹のような形をした岩が横たわる大竹小竹や、日本建築の欄間のように見えるらんま岩などいくつもの奇岩が点在している。海ばかりでなく陸側にも目を向けると、写真のような花が咲く…

高知県の中央部に位置する土佐山地域は、棚田と彼岸花が撮れる隠れた撮影スポット。棚田の淵を彩る彼岸花の様子を捉えたり、少し黄色く色づいた稲穂と赤い彼岸花の色彩を対比させ印象的な写真に仕上げよう。付近一帯には食事処が少なくコ…

四国最南端に位置する足摺岬。ダイナミックな風景が広がり、展望台からは紺碧の太平洋と断崖絶壁の上に立つ足摺岬灯台を眺められる。この写真は夕方の青カブリを利用して雰囲気を高め、長時間露光によって灯台の光と波を幻想的に表現した…

約4キロにわたって美しい渓谷美が堪能できる表匹見峡。県道307号線の表匹見峡トンネルに入らずに川沿いの旧道へ進むと、亀ヶ淵や小沙夜淵、屏風ヶ淵といった見所に到着する。白い岩が多いため晴れている時は写真を撮りづらく、しっと…

国の特別名勝にも指定されている三段峡。全長約16キロの渓谷には、切り立った絶壁と緑色の淵が美しい黒淵や猿飛、深淵に流れ落ちる三段滝や三ツ滝など数多くの見所がある。川沿いの遊歩道をすべて歩くと相当な距離があるので、事前に訪…

古座川流域ではいくつもの奇岩が見られる。古座川支流の小川にある滝ノ拝もそのひとつで、両岸のポットホールと呼ばれる円状の穴が不思議な光景を作り出している。この写真は橋の上から写しているが、下の岩場に降り立って撮影することも…

弘法大師と天邪鬼の伝説が残る橋杭岩。沖合の大島に向かうように大小40あまりの奇岩が、およそ850メートルにわたってズラリと並んでいる。朝焼けに染まる空をバックにして橋杭岩をシルエットで写すと、インパクトのある写真に仕上が…

但馬高原植物園内に生える和池の大カツラ。水辺を好む性質を持つカツラだが、この大カツラは「かつらの千年水」と呼ばれる湧水を跨ぐようにそびえている。樹齢は1000年以上ともいわれ、高さ38メートル、幹回り16メートルという巨…