撮影地ガイド

おすすめのタグから探す

写真から探す

石垣島のホテルの部屋から撮影したもの。「あ、今日はでるかな?」とカメラをセットした。町から海へと延びる大きなアーチが撮影できた。虹がかかるのはほんの一瞬。そのため出てからではなく、ある程度想定しておくと確率が上がる。太陽…

石垣島から船で10分という近さにある離島、竹富島。島内には2つの水牛観光会社があり、コースを変えて30~40分で回ってくれる。人の歩く速度よりゆっくり歩む水牛車。車内からはガイドのオジィが奏でる三線が聞こえてくる。完全に…

JR釧網本線の北浜駅にて。この駅は雄大なオホーツク海に面していて冬場は「流氷の見える駅」としても有名だ。この写真を撮ったのは9月上旬。夏場の夕方、日も傾いてくる時間帯に、昼間温められた湿った空気が冷たい海面に冷やされて海…

長野県の木曽川の流れによって水底の岩が削られ、その岩が水面上に現れたのが「寝覚の床」である。浦島太郎が竜宮城から戻って住み着いたとの伝説も残る場所。すぐ近くの崖の上をJR中央西線が走り、特急「しなの」の車内では、この付近…

西表島は90パーセントが亜熱帯の自然林で覆われた自然の宝庫。川の河口域では広大なマングローブ林を見ることができる。西表島には多くのカヌーツアーが用意されているので事前にツアーを予約して参加して撮影するのがオススメ。水面ぎ…

立川市にある昭和記念公園。ここは、どの季節に行っても被写体に困らない。もちろん 春の花のシーズンは桜もチューリップも美しい。そこで両方撮影できる渓流広場でカメラを構えた。花が咲き乱れる絶好のチャンスには欲張って画面いっぱ…

日本最大の湿原でもある釧路湿原。その中にあるコロッタ湿原はタンチョウ鶴の生息地でもある。前日から雨が降り、この日は夜が明ける前から展望台に着いて粘ってみた。夜が明けてくると全面霧に覆われて何も見えなかったが、1時間半以上…

立川市にある昭和記念公園。みんなの原っぱの横にある「桜の園」。ここには、ソメイヨシノをはじめ樹齢40~50年の大木が多く、とても迫力がある。当然ながら桜を見にたくさんの来園者がいるので、人をなるべく入れない写真を撮りたい…

北海道上川町と士幌町を結ぶ国道273号の三国峠。標高1000メートル以上あり、早くから紅葉が見られる。例年の見ごろは9月下旬~10月上旬。この付近は風の通り道なので、風がとても冷たく撮影の際には1枚上着を羽織っていくこと…

富士山の湧き水が流れる富士宮市の白糸の滝。駐車場から歩いて滝のふもとまで向かう。幅150メートルの湾曲した絶壁に流れ落ちるその姿は圧巻。水辺まで近寄り、標準ズームレンズで全体を写したり、望遠レンズで切り取ったり、色々画角…

阿寒湖畔から国道240号を4kmほど釧路方面に進むと滝見橋がある。モミジやカエデなど赤や黄色の色とりどりの紅葉と勢いよく流れる阿寒川が撮影できるビュースポットである。紅葉の見ごろは9月下旬~10月上旬。(小林一隆) キヤ…

縁結びの神様で知られる、京都地主神社。とても暑かったこの日は、撮影に出かけたのではなく、たまたま神社の中をカメラ1台持って散歩をしていた。すると浴衣姿の彼女たちに一瞬目が留まった。その一生懸命参拝する姿と「縁結びの神」の…