撮影地ガイド

おすすめのタグから探す

写真から探す

成田空港のA滑走路南側にある施設。航空関係の博物館として多くの来場者を集める場所だが、駐車場や展望台などでヒコーキ撮影ができる。北寄りの風が吹くときに運用されるランウェイ34L使用時には着陸機を、南寄りの風が吹くときに運…

公園など公認のウォッチングポイントはほとんどA滑走路側にある成田空港だが、ここは希少なB滑走路側にある場所。B滑走路を利用する機体を間近に見ることができる。南寄りの風が吹くときに運用されるランウェイ16L使用時には着陸寸…

ヒコーキを見るために芝山町が整備した公園。成田空港A滑走路の機体なら離着陸どちらも見ることが可能だが、間近に機体を見て撮影可能なのは北寄りの風が吹いているときに運用されるランウェイ34L使用時だ。特にランウェイ34Lに着…

成田空港南側、国道296号線沿いに平成24年にオープン。農産物の直売所やレストランのある場所だが、道路の反対側に季節ごとの花を植えている畑が存在する。厳密には風和里しばやまと違う場所なのだが、ここからお花とヒコーキを絡め…

成田空港周辺の緑化整備の一環として整備された場所。空港の南側、A滑走路の34Lエンド周辺に位置する。たくさんの種類の花や植物が植えられているので、これらとヒコーキを絡めることにより季節感を出すことが可能。遊歩道が整備され…

さくらの山公園に似た名称だが、こちらはさくらの「丘」公園。こちらは成田空港会社が整備した公園だ。こちらも名前の通り桜の木が多く植えられ、これらが満開の時期には多くの人が訪れる。成田空港A滑走路のランウェイ34Lエンドに位…

成田空港のA滑走路、16Rエンド周辺にある規模の大きな公園。その名の通り桜の時期に1年のハイライトを迎える公園で、多くの桜の木が園内に植えられている。南寄りの風が吹くA滑走路のランウェイ16R使用時には着陸機が間近を通過…

成田空港A滑走路を正面に見る展望デッキ。フェンスが設置されているが、一定間隔ごとに撮影用に大きめの穴が開けられており、大口径レンズを使用するのでなければ撮影に支障はない。眼下のスポットに駐機する機体は広角から標準レンズで…

冬場に運用が増えるランウェイ34R/L使用時にオススメの撮影場所。A滑走路を使用するランウェイ34L着陸機の真横を撮影できるほか、この着陸機を追いかけていけば羽田空港の管制塔や第1ターミナルビルと絡めた画も撮影可能。正面…

羽田空港B滑走路に沿うように設置されている公園。小規模ながら展望台があり、少なからずヒコーキを見るための配慮が伺える。夏場を基本とした南寄りの風が吹き、B滑走路を使用しているときの撮影が基本だが、北寄りの風が吹くときに運…

人工砂浜やBBQ広場、ドッグランなどもある規模の大きな公園。園内は広く、ヒコーキに対しての立ち位置も自由度が高い。夏場を基本とした南寄りの風が吹く、羽田空港B滑走路のランウェイ22使用時は人工砂浜にいると頭上あたりを着陸…

2018年現在、日本で唯一24時間オープンの展望デッキ。羽田空港では深夜、早朝も日中ほどではないが離発着機があるため、一日中ヒコーキ撮影を楽しめる場所だ。正面にタキシーウェイを行き交う機体、A滑走路上を離発着する機体を撮…