撮影地ガイド

おすすめのタグから探す

写真から探す

晴海埠頭の客船ターミナルは9時オープンし、閉館時間は季節によって異なる。展望台もあり、レインボーブリッジや東京タワーなど、東京湾を360度見渡すことができる。さまざまな建造物やモザイク状のタイルがフォトジェニックで、オス…

小田急線梅ヶ丘駅から徒歩5分のところにある公園で、梅林が有名。しかし、梅ヶ丘という地名が先であり、それにちなんで、1967(昭和42)年に55本が植えられ、現在では650本、60品種と数を増やしていった。入口からは階段を…

江戸時代の代表的な大名庭園の一つで、東京湾の海水を引き込ませた、珍しい趣の潮入の池がある。水上バスの発着場にもなっていて、そこから入園することもできる。大手門から入園して、堀を渡るとお花畑が広がる。春はナノハナ、晩夏~秋…

1946(昭和21)年に設立された歴史ある植物園で、薬務行政の一環として薬用植物、有毒植物、ハーブなどを栽培している。研究を目的とした植物園だが、一般に開放されて、入場は無料。こじんまりとしているが、温室もあり、ほかの植…

東京ドームシティウィンターイルミネーションは東京ドーム周辺のエリアに展開される冬季限定のイベント。例年、11月中旬~2月下旬に開催予定。近年は「和」をテーマにした光のモチーフでも話題を集めている。ラクーアエリア、アトラク…

府中市郷土の森博物館は江戸中期から昭和初期の建築物を復元、移築、保存していて、歴史を感じる街並みが再現されている。また、多摩川の砂利採掘跡の地形を生かして、梅園や小川が作られ、初春にはウメ、梅雨にはアジサイなどの自然が楽…

三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎が購入した敷地に、第三代社長の岩崎久弥の本邸として建築された。設計者は鹿鳴館やニコライ堂、三菱一号館の設計で知られるジョサイア・コンドルで、豪華な装飾が目を引く。国の重要文化財に指定されており…

多摩センター駅は東京のベッドタウン多摩市内にあり、京王線、小田急線、多摩モノレールが交わる。イルミネーションのイベントは2001(平成13)年から始まり、例年、11月中旬~1月上旬まで開催される。駅前からきらめきの池まで…

飽海三名瀑と呼ばれるのが「ニの滝」「玉簾の滝」とこの「十二滝」。酒田市北俣にあり、その名の通り、大小12の滝で構成されている。同じ流れの中で、上段から、水汲滝、天狗滝、火揚滝などと名がつけられ、異なった姿を見せる。写真は…

酒田市下黒川にある「不動の滝」。日向川沿いを走る県道366号に案内看板があるので、そこから林道に入ると、御滝神社が見える。滝は神社の右裏手、すぐのところにあり、周囲は緑に包まれ、ゴツゴツとせり出した岩肌を落差15メートル…

剣山国定公園にあり、深いV字谷となっている高の瀬峡。日照磯と呼ばれる岩壁を望める展望テラスがあり、朝の斜光線に紅葉や山肌が立体的に浮かび上がる。雨上りで霧が出るとさらにドラマチックな作品に仕上がるだろう。剣山スーパー林道…

平家の落人伝説が残る祖谷地方にある長さ45メートルのかずら橋。実際に渡ってみると川面からの高さが14メートルと高度感のある橋だ。シラクチカズラで編まれたもので、かつては川を渡る唯一の交通手段であったという。隣接する橋の上…