撮影地ガイド

山奥にひっそりとたたずむ大轟の滝

JR徳島駅より車で約2時間半の釜ヶ谷峡谷にある大轟の滝。国道193号線の脇に見えるが、ここから神山町や剣山スーパー林道に抜ける道は、素彫りのトンネルもある険しいルートだ。紅葉や滝の美しさを楽しみながらゆっくり走ってほしい。例年、10月下旬から11月上旬に紅葉の見ごろを迎える。落差が20メートルあり、幅も広く、滝つぼは大きい。その奥にも数段の滝が見える。撮影は滝を見下ろす国道から。谷は深く、日が差し込む時間は短い。鮮やかな木々を大きめに捉え、広めにフレーミングし、シャッタースピードは1秒で流れを生かして写した。(宮武健仁)
パナソニックLUMIX GH4 LUMIX G バリオ12~35ミリF2.8 ASPH/POWER O.I.S. 絞り優先オート F8 1秒 -0.7補正 ISO200 WB:太陽光 三脚使用

2018/8/7 12:05

撮影地のマップ

おすすめのタグから探す