撮影地ガイド

仁淀ブルーに染まる仁淀川の「にこ淵」 

仁淀川は西日本最高峰の石鎚山を源とし、124キロの流路を下って土佐湾中央部に注ぎ込む川だ。年間降雨量の多さ、源流点と海との高低差、地質、さまざまな要因で年間を通じて美しく透明な川の流れに会うことができる。昨今は「仁淀ブルー」の川としても有名。写真は「にこ淵」という滝を撮影した一枚。滝つぼの底が変成岩の砂利に覆われているため透明で明るい色彩の水の姿が撮れる。滝つぼ全体に陽光が当たるのを待ち、写真手前の樹木の影を意識して構図を決めた。なお、2018年6月現在、落石の危険があるため、滝つぼへ下りる遊歩道が通行止めになっている。(高橋宣之)
キヤノンEOS 5D MarkⅢ EF16~35ミリF2.8L Ⅱ USM 絞り優先オート F8 1/50秒 ISO800 WB:太陽光 三脚使用

2018/8/7 11:37

撮影地のマップ

おすすめのタグから探す