撮影地ガイド

京王フローラルガーデンアンジェのマグノリア

京王相模原線の京王多摩川駅に隣接する植物園「京王フローラルガーデンアンジェ」。その前身は、花ショウブなどが見所だった「京王百花苑」(※1997年廃園)。現在のアンジェは、四季折々の植物やイベントが楽しめる欧風庭園として営業されている。なかでも見応えがるのが、都内最大級の30種・200本のマグノリア(モクレンやコブシの総称)。その花の見ごろは3月下旬~4月下旬ころで、白やピンク色の花と新緑の取り合わせが美しい。できれば晴れた日を選び、青空を背景にその花や葉の色鮮やかさを強調したい。カメラの仕上がり設定を「ビビッド」や「風景」に設定すれば、その色鮮やかさがより強調できる。(吉森信哉
ソニー α7 Ⅲ FíRIN 20ミリ F2 FE AF 絞り優先オート F11 1/200秒 -0.3補正 ISO100 WB:太陽光

撮影地のマップ

おすすめのタグから探す