撮影地ガイド

エメラルドブルーの滝つぼが印象的な雄川の滝

大隅半島にある「雄川の滝」は、落差約50メートル、幅60メートルの岩肌を流れ落ちる大きな滝。上流から流れる水より柱状節理の断崖から噴き出す湧水が多く、滝つぼは深いエメラルドブルーで神秘的だ。中望遠で湧水と滝つぼを強調したが、広角で全景を撮るのもオススメ。なお、上流にダムがあり放流することもあるので、滝つぼ周辺では天気と警報に注意して撮影したい。アクセスは鹿児島空港から車で約2時間。さらに駐車場から徒歩約30分だ。(宮武健仁)
パナソニックLUMIX GH5 LUMIX G バリオ35~100ミリF2.8 ASPH. / MEGAO.I.S. 絞り優先オート F10 1/3 秒 - 0.7 補正 ISO100 WB:太陽光 C-PLフィルター使用

撮影地のマップ

おすすめのタグから探す